人は
見える範囲が決まっています。



電磁波の波長が
下界はおおよそ360-400 nm
上界はおおよそ760-830 nm
可視光線です。



しかし、
生き物の中には
紫外線も見えるものがあります。



モンシロチョウです。



オスは紫外線を吸収して黒く見え、
メスは反射して白く見えます。



もちろん、
人同士の間でも
見える範囲は違います。



「あなたの鼻がみえますか?」

この質問で、
ご自身の鼻が見えるように
なったと思います。



私が質問した事で
あなたの重要性が
変わったからですね。




この人は・・・


あの人は・・・


こんな人。



意見の違いがあった時に
様々な違いが顕在化します。



思い違い。


勘違い。


間違い。


etc.




一人ひとりは、
お互いに
違いがあって当たり前。


これがスタートです。





あなたと
あなたの周りの方とは、
異なります。



一人ひとりのリアリティは、
その人の認識している状態ですから、
違って当然です。



たとえ、
同じ景色を眺めていても、
一人ひとりが重要と判断することは、
異なります。



人は、
自分が重要と判断したものしか
認識できませんので、
それぞれの判断基準は、
それぞれのコンフォート・ゾーンに
合致しているか
です。



ここでの判断は、
意識的に判断することだけでなく、
「無意識」
が判断することも含みます。



人は、
過去の記憶と目の前の現実を
合成して認識していますので、

「無意識」
が過去の記憶を引き出し、
目の前の現実と合成しています。



無限に広がる世界の中から
あなたが選択した世界に
臨場感を生じさせれば、
その世界がリアルとなります。



違って当たり前です。



違っていて良いんです。



違いを楽しんでください。



だからこそ、
一人ひとりの違いを
認めあうところから
はじめましょう。



お互いが互いに尊重しあい、
そして
一人ひとりのエフィカシーを高める。



そんな世界を選びます。