新年度を迎え
新しい環境に
踏み出した方も
いらっしゃることでしょう。



「コンフォートゾーン」
を実感する良い機会ですね。



あなたは、
「コンフォートゾーン」
に居るときに、
最高のパフォーマンスが
発揮できます。



サッカーなどのスポーツで、
ホーム&アウェイ方式が
採用されているのも、
この原理が経験的に
分かっているからです。



コンフォートゾーン
に居るためには
want to が前提です。



当然、
ご自身が設定したゴールは
want to ですが、
生活の全てが
want to が前提です。



生活の中では
社会に対して役割・機能を
提供しています。



あにたは、
どんな役割が
提供できますか?

提供したいですか?



自分自身も
常々考えていることです。



特に、
どんな役割を提供したいか
ということを考える時は、

◇面白そうなだな

◇ワクワクするな

という感覚を
大切にしています。



日々の出来事のみに
埋もれていると、

あなたの生活は
過去と同じことの
繰り返しとなります。



あなたが成長すると、
受け取れる情報が増えます。



ご自身の成長に伴い、
理解も深まります。



同じ情報を受けても、

一人ひとり
受け取ることができる
情報が増えます。



◇面白そうなだな

◇ワクワクするな

という感覚を
大切にすることにより、

ますます
あなたの学びは深化します。



ご自身の
want toの
感覚を大切にしましょう。



そして、
現状の最適化ではなく、

あなたが
あなた自身で選択できるように、

これだっ!

と感じたときは、

あなたの感覚に
従ってみましょう。



あなたは、
もっともっと出来ます。