桜も各所で開花しています。



新しい年度を思いながら、
新らたなゴールを
設定されていることと
思います。



それらゴールの達成には
コンフォートゾーンの
移行が必要です。



コンフォートゾーンは
「快適な空間」であり、
ストレスや不安がなく
限りなく落ち着いた
精神状態でいられる
場所です。



誰もが
コンフォートゾーンにいる時に
最高のパフォーマンスを
発揮しますので、

ゴール達成には
コンフォートゾーンの
ゴール側への移行が
必須となります。



それでは、
コンフォートゾーンの移行は
どのようにしたら
良いのでしょうか?



それは、

「セルフトークのコントロール」

からですね。



ご存じのように、
セルフトークは
自分自身に語りかける
言葉です。



実際に
口に出して言うことも
ありますが、
多くは
心の中でつぶやいています。



このつぶやきは、
1日に4万回とも5万回
行われているとも
言われています。



これだけ多くのつぶやきの
影響力が極めて大きいことは
想像出来ると思います。



まずは
セルフトークをコントロールする
と決める。



ご自身で
決めることからはじめましょう。



無意識に行われている
セルフトークは、
コントロールすると決めることで
意識に上がります。



意識に上がったセルフトークは
コントロール出来ます。



もちろん、
コントロールする
セルフトークを選ぶことが
ポイントですね。