苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

カテゴリ: コーチング

 
Want to なことを
実施していますか?


Want to 100% は、
行動すべてが
呼吸をするように自然に
行っていることですね。


「自分がやりたいかどうか」ではなく、
「やれるかどうか」で判断していませんか?


無意識に判断してるケースも多々あります。


抽象度を上げて、
全ての行動を自分自身で
コントロ ールしてみましょう。


まずは、
コントロールしてみるいうより、
コントロールすると決めましょう。


抽象度を徹底的に高めたうえで、
自分の本当にやりたいことを
自由に追求すると決める。


過去に縛られた現在ではなく、
自分自身で未来を選んで良いんです。


自分自身が決めて良いんだと考えたら、
ワクワクしてきませんか?


そのワクワク感を大切にしてください。













 
コーチングを学んでいると
ふと感じる時があります。


「このままで良いかな?」

このように感じたら、
自分自身で将来を創っていく
絶好のタイミングです。


ご自身で
未来は変えることができます。


あなたの学んでいる
コーチングで、
未来を創造できます。


想像することから
創造へ。


まずは、
ゴール設定からですね。


もちろん、
「現状の外側へ」
の設定です。


そして、
ゴールの臨場感を高めるに、
「未来の記憶」
を造りましょう。


「未来の記憶」は、
ゴ ールを達成した未来のイメ ージを
あたかも既に達成しているかのように
頭の中で描いてみることですね。


ゴ ールそのものは
抽象度が高く
臨場感が出しにくいものですが、
達成している自分の姿は、
臨場感が出しやすくなります。


アファメーションを作成する時の
ポイントが参考になります。


ご自身の
主演映画を造るように、
イメージしてみましょう。


ご自身が
日々の生活の中で
どの様な活動をしているか
イメージしてみてください。


一日に何回も
ゴール達成のイメージを
思い出すことにより、
ゴール側の臨場感が一層高まります。


自分自身も
毎日実践しています。


そして、 
そのパワーを実感しています。


あなたも。











 
コーチングを深く学んでいくと、
その奥深さとともに
スコトーマの強さを
実感してきます。


そして、
学びにロックオンすることの
重要性を再認識してきます。




人の認識は、
過去の記憶の合成です。


無意識が
重要だと判断したものしか
見ることができないのですね。


人には
スコトーマがあり
見たいものしか見えないので、
ゴールを達成するためには
スコトーマを
外していく必要があります。


特に
学ぶ際には留意が必要です。


学ぶ時は、
理解するために記憶(過去のですね)
と照合します。


学びの中で、
「前と同じかな?」
「あれと同じかな?」
とセルフトークが出たら
要注意です。


「同じかな?」
と思った瞬間に
ご自身の脳は、
過去の記憶と同じものと判断して
それ以上の学びを止めてしまいます。


「同じかな?」と
セルフトークが出たら
イエローカードです。


自分自身も
常々留意している
非常に大事なポイントです。


あなた自身が
心から望んでいるゴールなら、
おのずと学びは深くなります。


楽しみながら、
学んでいきましょう。












 
小さな一歩は、
電車を利用する時に
・一つ先の駅から乗ってみる。
・一つ前の駅で降りてみる。

というものでしたね。


ルートを変えることもOKですが、
もっと簡単には
「歩く速度」
を変えてみるだけでもOKです。


具体的には、
いつもの道でも
「ゆっくり」歩く

逆に、
「速く」歩く
だけで良いんです。

やってみてください。


変化をつけることで
周りの見え方が
変わると思います。


見え方が
変わっているということは、
ご自身の世界が
変わったということです。


変化を感じてください。


そして、
楽しんでください。


あなた自身が
変えたのです。


ご自身で変えることが出来る
と言うことを実感することが
第一歩です。




















 
現在は、
過去の単なる
延長線上ではありません。


過去に起こった出来事のみに
影響されて
現在があるわけではないのです。


いわゆる一般的な感覚とは
異なり、

時間は
「未来から現在」
「現在から過去」
へ流れています。


未来への働きかけとして、
普段の行動を変えてみては
いかがでしょう。


少しだけで良いんです。


例えば、
電車を利用する時に
◯一つ先の駅から乗ってみる。
◯一つ前の駅で降りてみる。


また、
逆の行動を
してみるのもお勧めです。


例えば、
「美味しいものをお腹いっぱい食べたい」
と思った時は、
「嫌いなものを少しだけ食べて」
みる。


やってみると分かりますが、
気づきが多くあります。


普段と違う行動をしてみると、
見え方が劇的に変化します。


そして
思いもよらない
スコトーマが外れます。









↑このページのトップヘ