苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

カテゴリ: コーチング

 
ゴールを意識していると、
ゴールへ向かうための
情報が自然と入ってきます。


先日も
本を読んでいたところ
「あれ!?」
というものがありました。


ゴールに向かうのに必要な
情報を見つけた瞬間です。


一気にスコトーマが外れました。



◇あなたはどんな選択をしますか?


◇何にロックオンしますか?




「ゴール」に
ロックオンすれば、
ゴールに関係あることを選択します。


「現状」に
ロックオンすれば、
現状を維持するものを選択します。


あえて
現状維持を選択する必要は
ありませんね。



「ゴール」に向かう選択をするためには、
「ゴール」にロックオンしましょう。


現状維持するものをスコトーマに隠して
ロックアウトしてしまうのです。


過去の繰り返しから
脱出するためにも。


ここで、
留意してほしいのは、
方法にロックオンではありません。


長年の習慣のために
ついつい
方法を考えてしまうケースがあります。



あくまで
あなたのゴールが基準です。










 
ゴール側の臨場感を上げるには

まず、
設定したゴールが
「want to」
であるか確認してください。


何が出来るかではなく
「何をやりたいか」
で判断しましょう。


何が出来るか
で判断している場合は、
過去志向になっているので
要注意です。



そして、
ゴール自体が
「現状の外側」
であるか確認しましょう。


ゴールを設定した時には
現状の外側であったものが、
ゴール側に近づいたために
エネルギーが少なくなっている
可能性があります。



さらに、
ゴール側のセルフイメージに
臨場感を持っているかを
確認してみましょう。


必ずしも
ゴ ールがリアルである必要はなく、
ゴール側のコンフォートゾーンの中にいる
あなた自分の「セルフイメ ージ」が
リアルなもの になっているか
確認してください。


行動している自分を見ることにより、
「セルフイメ ージ」
がリアルになります。



あなたも確認してみてください。


必ずゴールへ向かいます。











 
ゴールを設定する際には、
ゴールは思いっきり大きく
設定しましょう。


現状とゴ ールとの差が
ゴールへ向かう
エネルギーとなります。


バネを伸ばしたときと同じ様に、
差があればあるほど、
強いエネルギーが生まれるのですね。



ただし、
そのゴールが
あなた自身のゴールであるか?


そのゴールが
本当にあなた自分か叶えたいものか?
確認してください。


誰かに
仕掛けられたものであれば、
大きくすればするほど
奴隷になってしまいます。



奴隷にならないためには、
自分だけでなく、
多くの人のことを考えてみましょう。


 ◇自分だけ


 ◇家族


 ◇地域


 ◇日本


 ◇アジア


 ◇世界



そして、

 ◇10年後


 ◇100年後


 ◇1000年後


と広げてみましょう。



ちょっと、やりすぎかな(?)
と思うぐらいで
ちょうどいいんです。



もちろん、
たくさんの人の中には
あなた自身も含まれます。


当然
ご自身が入っています。


あなた自身が幸せでなくては
他の方を幸せにできません。



あなた自身が主役です。









 
あなたが、
やりたいこと
やってみたいことは

どんなことしょうか?



リラックスして
確認してみてください。



心の底から湧き出す
やりたいと思うエネルギー
を確認してみましょう。



やりたいというエネルギー
「want toのエネルギー」
に従ってみてください。



 ◇自分は本当は何がやりたいのだろう?


 ◇止められてもやりたいことはなんだろう?


 ◇残された生命時間でやりたいことはなんだろう?


自分自身が
日頃意識していることです。



リラックスできる場所で、
想いを巡らせみてください。


想いを巡らせる時間を
確保してください。


あなたの未来に想いを馳せる
時間を確保してください。


一つひとつの確認に伴って、
あなたの未来が開かれます。



ワクワクですね。











 
今一度確認してください。

あなたと周りの方とは
異なります。


一人ひとりは、
違いがあるのが当たり前です。



一人ひとりのリアリティは、
その人の認識している状態ですから、
違って当然です。



たとえ、
同じ景色を眺めていても、
一人ひとりが重要と判断することは、
異なります。



人は、
自分が重要と判断したものしか
認識できません。



そして、
判断基準は、
コンフォートゾーンに合致しているか
です。



ここでの留意して頂きたいのは、
「意識的」に判断することだけでなく、
「無意識」が判断することも含みます。



違っていて良いんです。



違いを楽しんでください。


一人ひとりが中心です。



違って当たり前との認識から
はじまります。














↑このページのトップヘ