苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

カテゴリ: コーチング

確認頂きたいのは

◇どんな役割が提供できますか?

◇提供したいですか?

ということです。


自分自身も
常々考えていることですが、
ゴールを設定するときにも
極めて有用な視点です。


どんな役割を提供したいか
ということを考える時は、

  ◯面白そうなだな

  ◯ワクワクするな

という感覚を大切にしています。


日々の出来事のみに
埋もれていると、
あなたの毎日は、
過去と同じことの
繰り返しとなります。


嫌々行うことの大変さは
感じていることと思います。


あなたが成長すると、
受け取れる情報が増えますので、
ご自身の成長に伴い、
理解も深まります。


同じ情報を受けても、
一人ひとり
受け取ることができる
情報が増えていきます。


◯面白そうなだな

◯ワクワクするな

という感覚を
大切にすることにより、
ますます学びは
深化します。


ご自身の
want toの
感覚を大切にしましょう。


そして、
現状の最適化ではなく、
「これだっ!」
と感じたときは
あなたの感覚に従ってみましょう。


もっともっと出来ます。










 
ゴ ールに向かうためには
ゴール側の臨場感を高めます。


それも、
現状の臨場感以上に
高める必要があります。


人は
ゲシュタルトを
一度に一つしか保持できませんので、
現在の臨場感と
未来のゴールの臨場感が綱引きをし、
臨場感が高いものが現れてきます。


無限ともいえる世界から
あなたが選び出せるのは1つだけです。


ご自信が選択した世界に
臨場感が生じれば、
その世界がリアルとなります。


ゴール側の臨場感を高めるには、
「未来の記憶」
を造ることで達成できます。


「未来の記憶」は、
ゴ ールを達成した未来のイメ ージを
あたかもすでに達成しているかのように
頭の中で描いてみることです。


ゴ ールそのものは抽象度が高く
臨場感が出しにくいとしても、
ゴールを達成している自分の姿は、
臨場感も出しやすくなります。


ゴールを達成したときに感じるだろう感覚、
コンフォートゾーンのなかで
既に達成されているという感覚
に置き換えてみましょう。


例えば
  ◇どんな場所で


  ◇誰と


  ◇どの様に


  ◇何をしているのか

具体的に想像してみましょう。


あなた自身が
主役の映画を造るように、
イメージしてみましょう。


一日に何回もゴール達成のイメージを
思い出すことにより、
ゴール達成の臨場感が一層高まります。


自分自身も毎日実践しています。


そして、 
そのパワーを実感しています。


あなたにもお勧めです。 















 
ご自身が設定した
ゴールへ向かっていても
迷いが生じるケースが
あると思います。


その先へいける場合は
良いのですが、
気になってしまう時は、
あなた自身に
質問をしてみてください。


◇ゴールを達成した自分ならどう判断するか?


◇want to であるか?


◇ワクワクするか?


上の質問が
「YES」なら
出来ない理由を考えるより、
実践するための方法を考えましょう。


まさに
「ゴールが先、方法は後」
です。


ここで
留意して頂きたいのは
あなた自身が
本当に自ら望んで
選択しているとは限らない
ということです。


もしかしたら、
「誰かに選択させられている 」
可能性があります。


自分がやりたいことを
やっていると思っていても、
誰かの影響を受けているだけ
かもしれません。


落ち着いて
リラックスして
感じてみましょう。


まずは、
深呼吸ですね。


自分に正直に、
自分に言い訳は不要です。


自分自身も、
常々基本に立ち返っています。


あなたも。













 
コーチングを学んでいるあなたは
ゴールに向けて
日々活躍されていると思います。


あなたが
ゴールを設定し
活動をはじめた時は、
どんなことを
考えていたのでしょうか?


複数あるゴールの中で
優先順位はいかがでしょう?


ゴールを設定したら
シンプルに
「実践する」
と決めてみましょう。


タイミングは
個人個人いろいろですが、
一度、
決めてみましょう。


決めることで
あらたな展開が
あります。


決めることで
臨場感があがり、
スコトーマも外れます。


あなたが、
決めれば、
ゴールへ向かいます。













  
煩悩は
思いっきり大きくしましょう。


一番小さな煩悩は
自分だけ
自分がやりたいことだけ
を考える場合です。


次に大きいのが
自分だけでなく 
家族
のことも考える場合です。


注目点は、
ここでも自分「あなた」が
入っていることです。


そして

 ◇自分だけ


 ◇家族も


 ◇地域も


 ◇日本も


 ◇アジアも


 ◇世界も


と広げてみましょう。



煩悩を大きくというと
違和感があるかもしれませんが、
どこまでも大きくして良いんです。


そして、
どこまでいっても
自分「あなた」も入っています。













↑このページのトップヘ