苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

カテゴリ: コーチング


唯一有限なもの

それは
「時間」
です。




残りの生命時間で
どのように生きたいですか?


 


コーチングの祖である
故ルータイスは、
次のように言っています。

「人に選べないのは一つだけだ。それは死ぬことだ。」




人生において
「have to」 は
ひとつも無くて良いんです。



この有限な時間を
どのよう過ごしますか?


過ごしたいですか?



あなた自身が選べます。











人は、
見ている方向に進みます。


ちょうど、
自転車に乗っている時と同じように。



自転車は
ハンドルを切っても思うように
曲がれません。

進行方向を見据えて
体重移動することで
思った方向へ曲がれます。



見ている方向が
「ゴール」です。



「ゴール」がなければ、
向かうところが無くなってしまいます。


これは非常に怖いことですね。


ご自身で選んだ
ゴールが無いということは、
生命維持のみに
なってしまうということです。


もちろん、
ゴール設定しなければ
ゴール達成もありません。


ゴールへ戻ることもないのです。




あなたのゴールは?















ゴールを設定する際には、 
思いっきり大きく
設定しましょう。



現状とゴ ールとの差が
ゴールへ向かうエネルギーと
なるのですね。


ゴムひものたとえは
聞かれたことがあると思います。




ただし、
そのゴールが
あなた自身のゴールであるか?



そのゴールが

○本当にあなた自分か叶えたいものか?

○Want toであるか?

ということは

十分に確認してください。




誰かに仕掛けられたもの
だったとしたら、
大きくすればするほど
意識するしないにかかわらず
奴隷になってしまいます。



奴隷にならないためには、
自分だけでなく、
たくさん人のことを考えてみましょう。


 ◇自分だけ


 ◇家族

 ◇地域

 ◇日本

 ◇アジア

 ◇世界

 ◇宇宙

と広げてみましょう。




もちろん、
たくさんの人の中には
あなた自身も含まれます。



 ⇒ 設定したゴールが達成されたら、
       ワクワクするか?

 ⇒ 止められてもやりたいか?

 ⇒  現状の延長線上にないか?


リラックスして
ご自身に聞いてみましょう。



もっともっとできます。










ご自身が
望む未来を実現するための
第一歩は、
ゴール設定ですね。



リラックスして
どんどんゴール設定しましょう。




ですが、
自分の設定した「ゴール」に
こだわる必要はありません。




「ゴール」は
次々に変えていいんです。 




自分獅子の「ゴ ール」だ
と思ったことでも、

実は、
誰かに仕掛けられたもの
である可能性があります。  



このゴールは

◇Want toのゴールか?

◇現状の外側にあるか?

と確認しましょう。




そして、
疑わしいと思ったら、
迷わず更新してしましょう。 




スコトーマが外れれば、
違う方法が見えてきます。 




自分のゴールを変える時、
エフィカシ ーを下げる必要は、
まったくありません。 




思い立ったが吉日です。



どんどん
ゴールを設定しましょう。











ゴールの達成には、
臨場感の強化が必要です。


それもゴール側の臨場感、
エンドステートですね。



そして、
臨場感の強化には、
知識と経験が必要です。



臨場感を持って
イメージしようとしても、

まったく知らない世界のことは
認識できませんので、
臨場感を上げることは、
出来ません。



しかし、人には
「ゲシュタルト能力」
があります。



知らない世界のことであっても
似たような知識や経験を使って
臨場感を強めることができます。



今までの知識や経験から、
喜怒哀楽の感情を
思い出してください。


感情を引き出して、
それを記憶に留めてください。

 ◇嬉しい

 ◇楽しい

 ◇気持ちいい 

 ◇清々しい

などの体感です。



記憶に留めた体感を、
あなたのゴールに
貼り付けることで
臨場感が上がります。





ご自身の
体感を大切にしましょう。




百聞は一見に如かず
です。











↑このページのトップヘ