確認頂きたいのは

◇どんな役割が提供できますか?

◇提供したいですか?

ということです。


自分自身も
常々考えていることですが、
ゴールを設定するときにも
極めて有用な視点です。


どんな役割を提供したいか
ということを考える時は、

  ◯面白そうなだな

  ◯ワクワクするな

という感覚を大切にしています。


日々の出来事のみに
埋もれていると、
あなたの毎日は、
過去と同じことの
繰り返しとなります。


嫌々行うことの大変さは
感じていることと思います。


あなたが成長すると、
受け取れる情報が増えますので、
ご自身の成長に伴い、
理解も深まります。


同じ情報を受けても、
一人ひとり
受け取ることができる
情報が増えていきます。


◯面白そうなだな

◯ワクワクするな

という感覚を
大切にすることにより、
ますます学びは
深化します。


ご自身の
want toの
感覚を大切にしましょう。


そして、
現状の最適化ではなく、
「これだっ!」
と感じたときは
あなたの感覚に従ってみましょう。


もっともっと出来ます。