ゴールを設定する際には
抽象度を上げるのがポイントです。


抽象度はどこまでも上げられます。



しかし、
ゴールへ向かう時には
抽象度を下げることも必要です。


一度上げた抽象度を
下げることでエネルギーが
上手にでます。



物理空間でものごとを実践するには、
抽象度を下げることで
エネルギーが発生しますので、

必要に応じて抽象度を下げる
必要があるということです。



また、
実践するときだけでなく
他の方に伝えるときも
相手の抽象度に合わせる
必要があります。


いわゆる
待機説法ですね。



抽象度を

 ◇上げること

 ◇下げること

が自由に出来ることで
ゴールへ確実に向かいます。



意識してみましょう。