静かな場所で
リラックスして
思い描いてください。



あなたが、
社会に提供したい機能は
何でしょうか?



できる機能ではなく
提供したい機能
を考えてみましょう。



自分自身は、
提供したい機能を考えることで、
Want to でやりたいことが
見えてきました。



今まで
見えなかったことが
見えるようになると、
自分自身を変える方法が
見えてきます。



あなたが機能を提供した時

・何が見えますか?


・何が聞こえますか?


・何をしていますか?


・どんな体感がありますか?



あなたの感じていたものを
もう一度認識し直すことで、
見えてくるものがあります。



ご自身の望む世界が
確認できます。



ご自身のいる世界を
どのように変えていきたいですか?



あなたは、
どのような「機能」を
提供したいですか?