「努力しなさい」
「努力が足りないからできないのです」

あなたも聞いたことがあると思います。 


「努力」というのは
本当はやりたくないことなのに、
無理してやることです。



楽しいこと、
夢中になってやるようなことを
「努力」とは言いませんね。


ゲームを夢中になってやっている子は、
努力しているのではなく、
やりたいから
「want to」だからやっているのです。




「have to」ではなく 
「want to」なことを行いましょう。 




「want to」とは
やりたい こと、
放っておいても
自分から進んでやってしまうことです。  



「have to」とは
やらなければならない こと、
努力して、
本当はやりたくないけれど
無理やりやるようなことです。 




実践することは、
ゴール側の臨場感を高めることです。



ゴールを達成したあなたは
何をしていますか?


ここに意識を集中しましょう。