確認して頂きたいのは、

あなたとあなたの周りの方とは
異なるということです。



一人ひとりは、
違いがあるのが当たり前です。




一人ひとりのリアリティは、
その人の認識している状態ですから、
違って当然です。



たとえ、
同じ景色を眺めていても、
一人ひとりが重要と判断することは、
異なります。




人は、
自分が重要と判断したものしか
認識できません。


そして、
判断基準は、
コンフォートゾーンに合致しているか
です。



ここでの留意して頂きたいのは、
「意識的」に判断することだけでなく、
「無意識」が判断することも含みます。




違っていて良いんです。


違いを楽しんでください。




一人ひとりが中心です。


この認識からはじまります。