「あの方が良かったかな?」 
などと
ネガティブなセルフトークが
出てしまう場合には、
要注意です。



確認して頂きたいのは、
違う選択をしたあなたは存在しない
ということです。



そもそも
過去は2度とやってきません。



自分の持っているものに目がいかず
持っていないものに目がいってしまう
所謂
隣の芝生は青い状態ですね。




このような方にお勧めは、
「ラベリング」
を実践することです。


ラベリングのやり方は、
実にシンプルなものです。



あなたが考えたこと・行動したことに
ラベルを貼るというものです。



◇ゴールに関係のあるものであれば、

 ⇒ 「T」(True=真)



◇ゴールに関係のないものであれば、

 ⇒ 「N」(Nil)
 ※これはプログラミング言語LISPで、
  値がないという意味です。



◇余計な雑念や今の感情が出てきたら、

 ⇒ 「D」(Delusion=雑念)」

 ※あの方が良かったなども含まれます。



この「ラベリング」の
素晴らしいところは、
どの分類にラベリングしたのかは
関係ないというところです。


ラベリングすること自体に
意味があるのです。



起きたことに対して、
ゴール側から評価することになりますので、
抽象度を高くすることが出来ます。



◯何か方法があるはずだ。


◯で、次はどうする?


とセルフトークをして
進んでいけば良いのです。




あなたのゴールへ向かって。