ゴール側の臨場感が上がれば、
ゴールに向かう行動が起こります。



そのためには、
「アファメーション」
が有効です。



「アファメーション」は、
自分自身に対し
常に肯定的な言葉を語りかけ、

自分の意識を前向きに保たせ
自らの望む方向に進んでいく方法です。



ご存じのことと思いますが、
再度確認すると。



作成の留意点は、

まず「一人称」で書きます。 


「私は○○である」「私は○○をする」
などのように、
一人称で記載してください。



自分自身を肯定するように書きます。



また、
「現在形」で書いてください。
 

「今の自分はこうである」
というように、
言い切る言葉で記載してください。



自分のゴールから逆算し、
今やっておくべきことを
具体的にイメージして、
「現状はこうである」
と書いてください。




さらに、
重要な点は、
情動の言葉を入れましょう。
 

目標を達成したときに、
どのような気持ちでいたかの体感を
表現する言葉を記載してみましょう。 




まだまだ、
留意点はありますが、
「ゴール側の記憶を造る」
 
「未来の記憶を造る」

ことがポイントとなります。



まずは、
リラックスして書いて見てください。



未来を考える時間を作りましょう。




あなた自身が選択する未来です。



最後に
元祖コーチの故ルー・タイスの
アファメーションです。


『私はもっと大きな人間になれる。
 もっと多くのことができる。
 もっと多くを手にすることができる。
 まずは自分のことから始めよう。
 自分に語りかけることで可能性を切り開こう。』