ゴールを設定し、
ヴィジュアライゼーション(映像化)をしている
あなたへ。



「ゴールを実現した自分」を
本当の意味でリアルに想像できてしまうと、
「もう実現したのだからいいや」と
無意識が勝手に判断して、
ゴールに向かわなくなってしまいます。


この 場合、
「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」
をコンフォートゾーンにしましょう。



コンフォートゾーンには
物理的な場所だけでなく、
状況や状態も含みます。


ゴールから逆算して、
現状ではこのようになっているハズだ。


でも、現実はそうなっていない。

この差にエネルギーがたまります。




現状のコンフォートゾーンと
ゴールのコンフォートゾーンの差を
脳は課題があると認識して、

その差異を解決するように
エネルギーをだしてくるのです。



現状とゴールとの差が
エネルギーになります。



ゴールから逆算した現状を
意識すること
がポイントです。



「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」
をイメージしましょう。


それが
ヴィジュアライゼーション
です。