コーチングでは、
「ゴール設定」が基本であることは
ご存じのことと思います。



先日、
パソコンが故障したので
新しいパソコンを買おうとすると、


雑誌をみても、
ニュースをみても、
街を歩いていても、


街中には
パソコンに関する情報が
溢れていることに気がつきました。
(広告が多いのですが)



まさに
ゴールが先・方法は後ですね。




コーチング理論は科学的根拠があり
再現性がありますので
あにたも
学んで・実践すると効果は
抜群です。



脳は見たいものしか見ませんので、

あなたの目の前の世界は、
あなた自身の脳が重要だ
と判断した情報だけで
成り立っています。


脳が何を重要だと判断するかというと、
「昨日までの自分が重要だと判断していたもの」
を重要だと判断します。



結果としての目の前の世界は、
「昨日まで」
あなたが重要だと
判断した情報のみで成り立っています。



「マインド(脳と心)」を
変えない限り、

あなたの脳には過去において
重要だった情報しか
認識されないのです。



マインドを変えるために、
「ゴール設定」
がまず初めに必要になります。



コンフォートゾーンの外側に
「ゴール」を設定し、
あなた自身が決めた
「ゴール」に向かいましょう。

すると、
RASがオープンになり、
ゴールを達成するための情報が
次々に脳に飛び込んできます。



「ゴール」がなければ、
過去の繰り返しとなります。



まず
「ゴール設定」
からはじめましょう。