あなたのゴールは
ゴール側のイメージを
ありありとイメージすると
自然に達成されます。




セルフトークのコントロールと同様に
重要なことは、
ゴール側のイメージを鮮明にする
ことですね。




ゴールを達成したあなたは
なにをしていますか?



ゴールを達成したあなたを
ありありと鮮明に
イメージしてください。


天馬が空を自由に駆けるように。




着想だけでなく
あなたの未来を自由に設定できます。






イメージする際のポイントとしては、

「ゴールを実現した自分」を
本当の意味でリアルに想像できてしまうと、

「もう実現したのだからいいや」と
無意識が勝手に判断して、
ゴールに向かわなくなってしまいます。




「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」
をコンフォートゾーンにしましょう。



コンフォートゾーンには
物理的な場所だけでなく、
状況や状態も含みます。




現状のコンフォートゾーンと
ゴールのコンフォートゾーンの差異を
脳は課題があると認識して、
その差異を解決するように
エネルギーをだしてくるのです。



現状とゴールとの差が
エネルギーになります。



ゴールから逆算した現状を
意識すること、認識すること
がポイントです。



「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」
をイメージしましょう。