「ものは言いようだよ」

最近、何度か聞いた言葉です。





発言された場面は異なりますが、

一つは、

「じぶんの伝えたい内容を、
 相手の立場に立って、
 分かりやすく表現する」

との主旨でポジティブな意味合いでした。



もう一つは、

「単に丁寧に言うか、
 つっけんどんにいうかで、
 受け取り方が違う」

との主旨でネガティブな意味合いでした。




ひとは、
言語空間に生きていますが、

非言語コミュニケーションも
同時に行っています。




同じ趣旨のことを伝えるにしても、
「非言語」が加味されると
全くニュアンスが変わります。




発せられた言語を
そのまま受け取るのではなく、
非言語を含めて感じているのですね。




「言語 + 非言語」

で非常に強力な
コミュニケーションになります。




パーソナルコーチングでは、
非言語を交えた働きかけをしていますので、
その効果は絶大です。




あなたも。