「Want to」
というより

「ワクワクする」
という表現がピッタリします。



クライアントさんの言葉を
思い出しました。




言葉に貼り付いている感情は
一人ひとり異なります。



あなたの感情にピッタリの
表現を使いましょう。



ワクワクすること、
夢中になってやることを
当然ながら
「努力」
とは言いません。 



◇ゲームを夢中でやっている学生

◇サッカーのことを一日中考えているJリーガー

◇コーチングを夢中で広げる活動をしているコーチ



夢中になってやっている場合は、
努力しているのではなく、
やりたいから
「ワクワクする」から
やっているのですね。




もちろん、
「ワクワクするか?」は、
あなたのゴール側から観てどうかです。





ワクワクしながらできているかが
良いマイルストーンです。





「ワクワク」100%の生活へ。