ものごとが上手くいかない場合、
「努力が足りなかったからだ」
という発言は、
あなたも聞いた事があると思います。



また、
言ってしまった事も
あったかもしれません。





「努力」
というのは
本当はやりたくないことなのに、
無理してやることですね。




楽しいこと、
夢中になってやること、
止められてもやってしまうことを
「努力」
とは言いません。




「have to」とはいうのは
「やらなければならない 」ことを、

努力して、
本当はやりたくないけれど
無理やりやるようなことです。 



一方、
「want to」とは 
「やりたい 」こと、
放っておいても
自分から進んでやってしまうことです。




「have to」ではなく
「want to」なことをやりましょう。 




「want to」なことと言われても
「何から考えればいいのか?」
というあなた
趣味のゴールを考えてみましょう。




昔やりたいと思ったこと、

今一番興味のあること、

止められてもやりたいこと、

誰のためにもならないこと、




いろいろ広がりますね。



あなたも。