ゴールに向かうと
課題が山積みとなります。




その際には、

セルフトーク

「何か方法があるはずだ」



これが強力です。



最近の実感です。





エフィカシーが上がらない場合、
まず、
セルフトークをチェックしてみましょう。

「だめだ」
「やってしまった」
など
ネガティブなセルフトークを
発していませんか?




セルフトークをネガティブから
ポジティブなものにするため、

ネガティブなセルフトークが出てきたら 
「自分らしくない」
「ここまで出来ている、次はこうしよう」
と意識して発してください。




もちろん、
ポジティブなセルフトークの場合は
「自分らしい」
と発するようことも合わせてです 。




また、
特に日本人に多いのが
「謙遜」してしまうことです。



褒められているのに、
「まだまだ自分はダメです」 
「まだ一人前になっていません」 
などと言ってしまうケースがあります。





謙遜する必要はありません。

他の方に褒められたら
「ありがとうございます」
「これからもゴールへ向かいます」
と素直にお礼を言い、
あなたのエフィカシーを高めてください。





これらにより、
エフィカシ ーはますます高まり、
ゴ ール達成への推進力が
一気に高まります 。 




人の限界は、
イマジネーションの限界です。





エフィカシーは、
どれだけでも高められます。






どんな時でも

「何か方法があるはずだ!」