あなたの生活が

・have to であるか

・want to であるか

この違いは決定的に大きなものです。




先日ご相談を頂いた方は、
want to な生活をするために、

「他人の言動を気にしない」

このことがポイントとなりました。




何かというと、

親・先生・友人・同僚などが発する言動を
気にしてしまう。

気にしてしまい、
無条件に受け入れてしまう。



特にネガティブな言動を
受け入れてしまっていたことが
want to の生活が出来ないことの
大きな原因でした。





want to 100% に向けて
生活を変えていく時、

ちょっとズレたポイントが
本当のポイントとなることもあります。





あなたのヒントにしてください。