人は、
「コンフォートゾーン」
にいるときに、
最高のパフォーマンスを発揮します。



 

もちろん、
「コンフォートゾーン」は
その人が慣れ親しんだところ
その人が落ち着ける場所や空間
のことです。




 

サッカーなどのスポーツで、
ホームチームが有利だ
と言われているのと同じです。









コンフォートゾーンから外れると、

「何であんなミスをしたのか?」
というような状況が発生してしまいます。





これは、
「スコトーマ」
が生じたために発生します。 









アウェイでも
パフォーマンスを上げるには、
アウェイをあなたの「コンフォートゾーン」に
してしまいましょう。



 

そのためには、
「ビジュアライゼーション」
が有効です。



 

「ビジュアライゼーション」は、
 
「可視化、映像化」のことで、
 
ゴール達成時のイメージの臨場感を得ることです。





 

ここでの「ビジュアライゼーション」は、
視覚によるイメージ化のみをさすのではなく、

視覚以外の

聴覚

触覚

味覚

嗅覚など
 
五感全部を使うものです。






まさしく、

 「I x V = R」

 「I」はイマジネーション:Imagination
 「V」は鮮明さ:Vividness
 「R」はリアリティ:Reality

です。







「ビジュアライゼーション」を行うことで、
コンフォートゾーンを移行・広げ
最高のパフォーマンスが生まれます。




これは、
外部環境であるコンフォートゾーン自体ではなく、
あなた自身の認識を変えます。







あなたも試しください。






 
効果を実感して頂けると思います。