ゴール設定が「基本のき」です。




もちろん、
「現状の外側へ」の設定です。



 

ゴールを設定しなければ、
現状を肯定していることになり、
 
現状の延長線上と違うゴールに
到達することはありません。





昨日と同じ毎日が繰り返され、
現状維持というゴールに
向かってしまいます。





次に、
設定したゴ ールの臨場感を高めます。




現状の臨場感以上に高める必要があります。





ひとは、
ゲシュタルトを一度に一つしか保持できないので、
 
現在の状態という物理空間の臨場感と
未来のゴールの臨場感が綱引きをし、
臨場感が高いものが現実となります。





無限に広がる世界から
あなたが選び出せるのは1つだけです。





あなた自信が選択した世界に
臨場感が生じれば、
その世界がリアルとなります。




ゴールの臨場感を高めるには、
「未来の記憶」
を造ることで達成できます。





「未来の記憶」は、
ゴ ールを達成した未来のイメ ージを
あたかもすでに達成しているかのように
頭の中で描いてみることです。




ゴ ールそのものは
抽象度が高く
臨場感が出しにくいとしても、
達成している自分の姿は、
臨場感も出しやすくなります。


  ◇どんな場所で
 
  ◇誰と
 
  ◇どの様に
 
  ◇何をしているのか

具体的に想像しましょう。




映画を造るように、
演技をするように、
イメージしてみましょう。




本当に映画を造るのがお勧めです。





一日に何回もゴール達成のイメージを
思い出すことにより、
ゴール達成の臨場感が一層高まります。



 

自分自身も毎日実践しています。

そして、 
そのパワーを実感しています。





あなたにもお勧めです。