苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2021年01月

  
2021年も一月を越えようと
しています。



年末年始に設定したゴールは
どのようなものでしょうか?



今一度、
ご自身で確認してください。



仕事のゴールが
まっ先に浮かんだ方は
注意が必要です。



ご自身のゴールは、
あなたが生きていくため
のものですので、

もちろん、
仕事のゴールが
あって当たり前です。



しかし、
仕事だけではありません。



「どうやって生きていくか」
という言葉を

「どんな仕事をして生計を立てるか」
という意味で考えていませんか?



今一度確認してみましょう。



その仕事は、
ご自身が望んで選んだものですか?



やりたくてしかたないこと、
止められても行うこと、
でしょうか?



やりたくてしかたないこと、
止められても行うこと、
の中で、
対価の発生するものが
仕事ですね。



今一度、
あなたの内なる声に
耳を傾けてください。



リラックスできる場所で。

















 
誰もが
「自分が重要だ」
と思ったものしか
認識出来ません。



重要だと思わないものは、
「スコトーマ」に
隠れてしまうからですね。



毎日の生活の中で

◇面白そうなだな

◇ワクワクするな

という感性を
大切にしましょう。



日々の出来事のみに
埋もれていると、
ご自身の生活は
過去と同じことの
繰り返しとなります。



あなたが成長すると
受け取れる情報が増えます。



あなたの成長に伴い、
理解も深まります。



同じ情報を受けても、
一人ひとり
受け取ることができる
情報が増えるのです。



アンテナを高く
することにより
ますます
あなたの学びは
深化します。



アンテナという
感性を大切にしましょう。



そして、
変化の先へ















  
ゴール達成には
ゴール側のコンフォートゾーンに
強い臨場感を持つことが必要です。



それでは、
ゴール側のコンフォートゾーンに
臨場感を持つためには
どんな方法が良いのでしょうか?



まず、
ゴ ールの設定ですね。



もちろん、
現状の外側への設定です。



ゴールを設定しなければ、
現状を肯定していることになり、
現状の延長線上と違うゴールに
到達することはありません。



昨日と同じ毎日が繰り返され、
現状維持というゴールに
向かうだけです。



次に、
設定したゴ ールの
臨場感を高めます。



現状の臨場感以上に
高める必要があります。



誰もが
ゲシュタルトは
一度に一つしか
保持できなませんので、

現在の状態という
物理空間の臨場感と

未来のゴールの
臨場感が綱引きをして

臨場感が高いものが
現実となります。



無限に広がる世界から
あなたが選び出せるのは
1つだけです。



ご自信が選択した世界に
臨場感が生じれば、
その世界がリアルとなります。



ゴールの臨場感を高めるには、
「未来の記憶」
を造ることで達成できます。



「未来の記憶」は、
ゴ ールを達成した
未来のイメ ージを
あたかもすでに
達成しているかのように
頭の中で描いてみることです。



ゴ ールそのものは
抽象度が高く
臨場感が出しにくいとしても、

達成している自分の姿は
臨場感も出しやすくなります。



◇どんな場所で


◇誰と


◇どの様に


◇何をしているのか

具体的に想像します。



ちょうど
映画を造るように、
また、
演技をするように、
イメージしてみましょう。



一日に何回も
ゴール達成のイメージを
思い出すことにより、
ゴール達成の臨場感が
一層高まります。



自分自身も毎日実践して、
そのパワーを実感しています。



あなたにもお勧めです。


















  
迷ったとき
どのようにしていますか?



ご自身に
質問をしてみましょう。



◇自分が本当にやりたいか?


◇want-to であるか?


◇ワクワクするか?


そして

◇ゴールを達成した自分なら
 どう判断するか?



出来ない理由を
考えるより、
実践するための方法を
考えましょう。



ゴールが先、
方法は後からです。



あなた自信の選択を
今一度、
確認しましょう。



あなたは、
本当に自ら望んで
選択しているとは
限らないからです。



もしかしたら、
「誰かに選択させられている 」
可能性が大いにあります。



自分がやりたいことを
やっていると思っていても、
誰かの影響を受けているだけ
かもしれません。



落ち着ける場所で、
リラックスして
考えてみましょう。



ご自身に正直に、
自分に言い訳は不要です。













  
あなたは、
どのように生きますか?



あなたの残りの生命時間。



有限なもの
それは、時間です!



あなたの唯一有限なものです。



コーチングの祖である
ルータイスは、
次のように言っています。



「人に選べないのは一つだけだ。
 それは死ぬことだ。」



人生においてhave toは
ひとつも無くて良いんです。



この有限な時間を
あなたは、
どのよう過ごしますか?



過ごしたいですか?



あなたの選択ですね。
















↑このページのトップヘ