苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2020年06月

 
ゴールを設定し
次の実践は、
「ヴィジュアライゼーション(映像化)」
ですね。



ここで留意して頂きたいのは、
「ヴィジュアライゼーション」
するのは、
「ゴールを実現した自分」ではない
ということです。


「ゴールを実現した自分」を
本当の意味でリアルにイメージ
できてしまうと、
「もう実現したのだからいいや」と
無意識が勝手に判断して、
ゴールに向かわなくなってしまいます。


イメージするのは
「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」
です。


ヴィジュアライゼーション
を行うことで
コンフォートゾーンを広げていきます。


コンフォートゾーンには
物理的な場所だけでなく、
状況や状態も含みます。


ゴールから逆算して、
現状ではこのようになっているハズだ。

でも、現実はそうなっていない。

この差にエネルギーがたまります。


現状のコンフォートゾーンと
ゴールのコンフォートゾーンの差を
脳は課題があると認識して、
その差異を解決するように
エネルギーをだしてくるのです。


現状とゴールとの差が
エネルギーになります。


ゴールから逆算した現状を
意識すること
がポイントです。


「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」
をイメージしましょう。


それが
ヴィジュアライゼーション
です。















 
いつでも
ゴールの再設定をしましょう。


現状とゴールのギャップが
エネルギーとなるので、
ゴールへ近づくと
ゴールへ向かうエネルギーが
弱くなるからですね。


引っ張られたバネが縮むのと
同じ原理です。



エネルギーが弱くなったと感じたら、
ゴールに近づいている可能性があります。


可能性というより
思いのほか近づいているものです。



まだまだ
ゴールに到達していないと思っていても、
複数あるゴールのいくつかは、
達成していたり、
ごく近くにいます。


エネルギーが弱まったと感じたら、
すかさずゴールの再設定しましょう。


当初のゴールが
通過点になるイメージです。


少し早いかな
と思う程度で丁度良いのです。



また、
先日ご案内した
ラベルを付けるワークは
如何でしょうか。


ラベルを付けると
当然ながらゴールを意識します。


ゴールを意識することで
より再設定がやり易くなります。



そして、
現状の外に設定しているゴール自体は
イメージが簡単ではありませんが、
繰り返し見直すことで
本当のゴールか見えてきます。



ご自身のゴールへ向かって。













 
コロナ禍の中
寒暖差が激しいですが
体調はいかがでしょうか。


Want to で生活していくためにも
健康の維持が必要ですね。



そのためには
まず
睡眠です。


良質な睡眠をとるためには、
少なくとも睡眠の30分前からは
スマホなどの明るい画面は
避けましょう。


明るさに反応して
眠りが浅くなってしまい、
睡眠のクオリティが上がりません。



そして、
リラックスですね。


リラックスには
音声を聴きながらがお勧めです。


お好きな曲でOKです。


こちらもお勧めです。

 ⇒ 脳機能を活性化する「超」快眠術

 ⇒ 苫米地式 聴くだけで脳からストレスが消えるCDブック


睡眠もあなたのゴール達成の前提です。
















「あの方が良かったかな?」
などと
ネガティブなセルフトークが
出てしまう場合には、
今一度思い出してください。


違う選択をしたあなたは存在しない
ということを。



そもそも
過去は2度とやってきません。



自分の持っているものに目がいかず
持っていないものに目がいってしまう、
いわゆる
隣の芝生は青い状態ですね。



このような方にお勧めは、
「ラベリング」
を実践することです。


ラベリングのやり方は、
実にシンプルなものです。


あなたが考えたこと・行動したことに
ラベルを貼るというものです。


◇ゴールに関係のあるものであれば

 ⇒ 「T」(True=真)


◇ゴールに関係のないものであれば

 ⇒ 「N」(Nil)

 ※これはプログラミング言語LISPで、
  値がないという意味です。


◇余計な雑念や今の感情が出てきたら

 ⇒ 「D」(Delusion=雑念)」

 ※あの方が良かったなども含まれます。



この「ラベリング」の
素晴らしいところは、
どの分類にラベリングしたのかは
関係ないというところです。


ラベリングすること自体に
意味があるのです。


起きたことに対して、
ゴール側から評価することになりますので、
抽象度を高くすることが出来ます。


◇何か方法があるはずだ。

◇で、次はどうする?

とセルフトークをして
進んでいけば良いのです。



お勧めです。










  
あなたのゴールは
どんなものでしょうか?


今一度
ご自身で確認してください。


苫米地手帳をお使いの方は
見直してください。


   ・


   ・


   ・


   ・


まっ先に
「仕事」のゴールが浮かんだ
あなた、
要注意です。



もちろん、
ご自身のゴールは
あなたが生きていくため
のものですので、
仕事のゴールがあって当然です。


しかし、
仕事だけではありません。



「どうやって生きていくか」
という言葉を、

「どんな仕事をして生計を立てるか」
という意味で考えていませんか?


その仕事は、
やりたくてしかたないこと、
止められても行うこと、
でしょうか?



今一度、
ご自身の内なる声に
耳を傾けてください。



リラックスできる場所を
確保しましょう。



毎日
あなただけの時間を創りましょう。



ゴールがご自身の未来です。













↑このページのトップヘ