苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2018年11月


コーチングを
学んでいて良かった!



様々な出来事があったときの
素直な感想です。



コーチングを学ぶと
マインド(脳と心)の
上手な使い方ができます。





確認して頂きたいのは
力が入っていませんか?



プッシュには、
プッシュバックがあります。




未来側に
あなたの意識を
飛ばしてみましょう。




未来の
あなたに
意識を向けてみましょう。




力んでいるなと感じたら、
あなた自身の
呼吸に意識を向けてみることが
お勧めです。




時間と空間を超えて
想像してみましょう。





現在の結果が過去です。

未来の結果が現在です。



マインド(脳と心)を
上手に使うための、
ポイントは、
リラックスです。





あなたの大切な未来に向かって。


















ゴールを設定するときは、
沢山のゴールを
思い描いてみましょう。

 

制約を全部外して
様々なゴールを
想像してみてください。


・時間
・資金
・人脈
全ての制約を外します。




あなたの 「want to」 に従って
複数のゴールを設定しましょう。

 


ひとつ、
ふたつでは、

本当にもったいない。







「あなたの行う選択」は、
あなた自信にとって
つねにベストの選択です。


そして、
ベストの選択によって
生み出される結果は、
あなたにとって、
「ベストの結果」です。


 
 



あなたの 「want to」 な気持ち
に従ってみてください。







あなたの大切な時間です。















この世界は言語空間でできています。



「ラベリング」が有効である理由のひとつですね。




これくださいと
買い物をするときにも、

労働契約に従って
仕事をするときにも
言葉で規定された世界の中で、
行っています。





文章を読んで、
その文章(言語)が
何を言っているのかということが、

高い臨場感を伴って理解できないと、
この世界では生き辛くなります。





あなたの生活空間の全てが
言葉に溢れていますので、

この世で生きていくためには、
あなた自身のゴールを達成するためには、


言葉の世界に臨場感を高めることが大切です。





自分自身も毎日行っている
アファメ ーションも言葉を使います。





この世界が言語空間でできているからこそ、
効果は非常に大きくなります。




あなたも実践して
効果を確かめてください。




















「あの方が良かったかな?」 
などと思わず
ネガティブなセルフトークが出てしまう場合には、

今一度思い出してください。




違う選択をしたあなたは存在しません。

ということを。



自分の持っているものに目がいかず
持っていないものに目がいく、

隣の芝生は青い状態の際のお勧めは、

「ラベリング」

を実践することです。





ラベリングのやり方は、
実にシンプルなものです。


◇ゴールに関係のあるものであれば、

 ⇒ 「T」(True=真)



◇ゴールに関係のないものであれば

 ⇒ 「N」(Nil)
    ※これはプログラミング言語LISPで、
     値がないという意味です。


◇余計な雑念や今の感情が出てきたら

 ⇒ 「D」(Delusion=雑念)」
    ※あの方が良かったなども含まれます。



この「ラベリング」の
素晴らしいところは、
どの分類にラベリングしたのかは
関係ないというところです。




ラベリングすること自体に
意味があるのです。




起きたことに対して、
ゴール側から評価することになりますので、
抽象度を高くすることが出来ます。




◇何か方法があるはずだ。

◇次はどうする?

とセルフトークをして
進んでいけば良いのです。






あなたにもお勧めです。
















↑このページのトップヘ