苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2018年11月


「もう年だから?」

知り合いの方が思わず口にした一言です。



正直もったいないなと想い
「らしくないね」
と調整させて貰いました。





過小評価しすぎです。




あなたの現在の認識は、
過去の記憶が合成されたものです。




それも、
ネガティブな記憶がたっぷり入った記憶です。
 



人は、
ネガティブなものの方が記憶に残ります。
 



これは、
生物としての人の仕組みです。
 



人類が誕生してからずっと
生命維持・種の保存が
最大の課題であったのですから、

ネガティブな記憶に価値があったのです。



ネガティブな記憶の合成から出来ている
現在のあなたの認識は、
過小評価しすぎです。




人は、
脳の10%以下しか利用していない
と言われているように、
 
90%以上は使われていないのです。





まだまだ、
あなたの脳力は、眠ったままです。





過去の経験というフィルターを通して
自分や世界を見ているため、

目の前に広がっている可能性を
見ることができない状態なのです。






まだまだ現役

これからも現役です。






思っきり自分を評価していいんです。

















他責はNG
と考えましょう。





言い換えれば、
「あなたが主役」
ですね。




あなた自身の人生
あなたが主役です。




あと、
何年かは分かりませんが、
必ずX Dayはきます。






もっともっとできます。







課題山積みでも
方法はあるはず。



スコトーマに隠れて見えないだけ。





私たちは
一人ひとり違った世界を生きています。




あなたが見ている世界は、
あなたが重要だと思っているもの
でできています。




あなたは、
Only ONE の存在です。




Only ONE のあなたは、
他人との比較はいりません。




他の人が、
 ・こう言っている
 ・こう行動している
などと比べていませんか?




あなたは、
Only ONE の存在です。




誰とも、
何とも
比べなくて良いんです。




比較は一切不要です。




勝手に自分の中に比較対象を作って、
エフィカシーを下げる必要はありません。




Only ONE のあなたは、
「あなたが主役」
です。




もったいない
もっともっとできます。













大きな
いろいろな
変化があった場合、
何か迷った時、
「大丈夫だよ」
と自分自身に伝えてあげましょう。



そして、
迷ったときは、
「ゴールを設定する」というゴール
を設定しましょう。





もう一度確認しててください。

「ゴール設定」が、
あなたの夢実現の第一歩ですね。





もちろん、
ゴールを設定することの意味は、

現状そのものが、
誰かに刷り込まれたものである
可能性が高いからです。




可能性が高いというより
ほとんどが刷り込まれたもこであると
考えて行動しましょう。




ゴールを設定することにより、
認知的不協和理が発生し、
ゴールへ向けての活動が始まります。





また、
人と人とは、
関係性で成り立っていますので、

現状を変えたくないという人でも、
環境が変われば、

人と人との繋がりが変われば、
必然的に変化します。





「ゴール設定」は、
人生の選択です。




人生をあなた自身で決められるのです。





現状よりはるかに高いゴールを設定し、
それを実現することは、
誰にでも出来ることです。






もちろん、
あなたも。

























ゴールの臨場感を上げる

つまり、
ゴール側のコンフォートゾーンを
今、体感するための方法として、
感情を貼り付ける方法があります。


「嬉しい」

「楽しい」

「気持ちいい」

「清々しい」

「誇らしい」

の感情を貼り付けるのですね。





感情を貼り付けることに加えて
臨場感を一層上げるためには、

音を色や味などをイメ ージしてみる、
そして、
逆に色や味を感じたら音を思い出す。


つまり、
「五感で感じたものを別の感覚で置き換えてみる」
というものがあります。




この方法は、
スコトーマを外すためにも役立ち、
それまで認識できなかったことが
認識できるようになる可能性が高まります。




もし、
あなたが共感覚者なら、
至極当然に行っている事かもしれません。

その場合は、
あなたの優位でない(得意でない)
モーダルチャネルで
行って見てください。





自分自身も
臨場感を高めることに非常に役立ち
成りきることが出来ました。





あなたも。















何気ない会話の中で
友人に
こんなことをやりたい
と言ってしまったら・・・






ドリームキラー出現ですね。





もう一度確認しておきましょう。




ゴールを設定し
ゴールに向かっているあなた、

留意してほしいのは、
「ゴールは人に教えない」
これが基本です。





あなたのゴールを聞いた人は、
あなたのドリームキラーになる
可能性が非常に高いからです。




その人は、
あなたのゴール実現を
邪魔しようとしているわけ
ではありません。




ドリームキラーは、
あなたの
「過去」だけを見て
「過去」だけを判断基準にして、

あなたの
「未来」を判断しているのです。 



「あなたのためだから」
聞いたことのある言葉だと思います。




あなたの事を本当に心配し、
有効なアドバイスを
しようとしているのです。






ゴールは次々と変えることを
躊躇しないでください。




最初にゴールだと思ったことでも、
実は誰かに仕掛けられた偽物で、
途中でそれに気づくこともあります。






ゴールを話して良いのは、
あなたの「コーチ」だけです。




「コーチ」であれば、
あなたのゴール実現を
強力にサポートできます。 















↑このページのトップヘ