苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2018年06月


ゴール側のイメージが
上手く沸わかないという方への
ご紹介です。




お話を伺うと、
ゴール側のイメージがわかないため、

結果的に
コンフォートゾーンが
移行していない状況でした。



そこで、

セルフイメージの強化するために、
情報空間でのあなたを大きくするため
つまり、情報身体を大きくするため
のワークをご紹介したところ
非常に良かったとの感想を頂きました。





実施方法の概略は、

まず、

リラックスするために
深呼吸(逆腹式呼吸がBetterですが)
します。




それから、

大きな地球を思い浮かべ、
その地球を、
さらに大きくなった自分が
両手で丸め込んで抱える

というイメージを
リアルにもってみる。

というものです。





情報空間での影響力の大小を
自分の身体の大小として捉えるような
無意識の作用がありますので、
情報身体を大きくすることが
有効となります。





これは、
イメージ力が強化されるだけでなく、

つい他者と自分を比較してしまう、
無意識に比較してしまうケースには
特に有効です。












ゴールをスムースに、自然に
更新していくためのお勧めは、

「新・夢が勝手にかなう手帳2018年度版」



毎日ゴールを更新するツールとしても最高です。




毎日一つのゴールについて
手帳に記載することで
必然的に更新することとなります。




もちろん、

一つだけでなく
いくつでもOKです。




毎日でなくても良いですし、
一日何回でも良いんです。




毎日記載していると
「未来志向」
になってきます。




呼吸をするように
自然と
出来るように。




普段は無意識で、
必要に応じて意識して
出来るようになります。




ゴールの設定においても

ゴールの更新においても

「Have to」は必要ありません。

「Want to」のみですね。
















いろいろなことが
がおきると

立ち止まります。




疑問がわきます。



「あれ?」
と思ったら、
ゴールの更新ですね。





もっと自由に
制約なしで
思い描いてみましょう。




もちろん、
「ゴール設定」は、
あなたの夢実現の第一歩ですが、
「ゴール」は
次々に変えても良いんです。 





「ゴール」だと思ったことでも 、
実は誰かに仕掛けられたもの
である可能性があります。 




 ⇒ Want to であるか

 ⇒ 現状の外側にあるか


と確認しましょう。




そして 、
疑わしいと思ったら 、
すかさず、
更新ですね。




自分のゴールを変える時、
エフィカシ ーを下げることは、
まったく必要ありません。 




スコトーマが外れれば、

当然、
違う方法が見えてきます。 




一人ひとり
違うゴールに向かって、

ゴール達成の方法は
それぞれ違います。 





また、
あなたのゴールを誰にも話さない
ことにも留意してください。


たとえ両親や親しい友人であってもです。



ドリームキラーになる可能性が大です。




あなたがゴールを話して良いのは、
本物のコーチだけです。













セルフトークを

・コントロールすること
・ポジティブに変えること

の重要性は、
強調してもし過ぎることはありません。





「セルフイメージ」は、
日々の判断・選択の元になる価値観
(信念=belief)の集合体ですが、

「セルフトーク」を繰り返すたびに

「セルフイメージ」がつくられ、

「コンフォートゾーン」が決まってきます。




このため、
「セルフトーク」のコントロールが
必須となるのですね。






留意点は、
「セルフトーク」をコントロールして
「セルフイメージ」を変えるのであり、
「コンフォートゾーン」を変えるのではない
ということです。




セルフトークを
ポジティブに保つことに
注力すると共に、

ネガティブなセルフトークが
でてしまった場合には、
「自分らしくない」
とゴミ箱に捨ててしまいましょう。





日々の変化により
ゴールへ向かいます。




















コーチングでは
セルフトークのコントロールは
非常に重要なものとなります。




セルフトークをコントロールするための
お勧めの方法は、
周りの方を褒めることです。




周りの方を褒めると
あなた自身を褒めることつまり、
ポジティブなセルフトークを
行うことと同じ効果があるからです。





周りの方を褒めるには、
相手の良いところにロックオンですね。





相手の良いところにロックオンするには、
その人のポジティブを探しましょう。



そして、
その人のポジティブを褒めます。




その人のポジティブを褒めるには、
褒めるためのポジティブを
探す必要がありますので、

探すこと自体がポジティブに
ロックオンすることになります。




あなたや世界は、
まったく変わらずに
この場にあるのではなく、

ひとりひとりの心が
どんな関係性を選ぶか
によって形を変えてゆきます。




ポジティブにロックオンすれば、
あなたや世界をポジティブに
変えることができます。




自分自身も毎日実践しています。




そして、
その効果を毎日実感しています。





あなたも実践してみてください。














↑このページのトップヘ