苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2018年05月


半年ほど前の映像を再度視聴してみました。



何度も見た映像でしたが、

こんなことが言われていたんだと
沢山の気づきがありました。



入り方が違う
スコトーマが外れた瞬間でした。



RASがオープンした瞬間でした。





あらためて、
「脳は見たいものしか見ていない」
ことを実感しました。





認知科学をベースてしているコーチングでは、
次のように教えてくれています。


「目の前の世界は、
 自分の脳が重要だと判断した情報だけで
 成り立っている。」



脳が何を重要だと判断するかというと、
「昨日までの自分が重要だと判断していたもの」
を重要だと判断しているということですね。



これは、
ある意味怖いマインド(脳と心)の仕組みです。



結果としての目の前の世界は、
「昨日まで」あなたが重要だと
判断した情報のみで成り立っているので、

あなたのマインド(脳と心)を変えない限り、

あなたの脳が
「過去に重要だ」
と判断した情報しか認識されないのです。



あなたのマインドを変えない限り、
過去の繰り返しが
延々と続くということです。





マインドの仕組みを理解して
過去の繰り返しから卒業しましょう。





















「過去にこだわってしまいます」
先日寄せられた方の悩みです。



「あの時こうだったから、今回もまた同じだ。」

「自分はこれしか経験がないので、これしかできない。」

「この実績しかないから、この選択しかない。」

「過去の結果がこうだから、選択はこうだ。」

いろいろな想いが渦巻いているとのことでした。






しかし、

過去は関係ありません。 




『時間は、未来から過去へ流れています。』




過去に対する評価は、
未来の状況によって変わります。





「あの事があったから、今の自分がある」 

という話はあなたも聞いたこがあるでしょう。

例えば、 

 受験に失敗し、浪人したからこそ学ぶことの大切さを実感して
 自発的に学んだことで、希望が叶った。
 
 今の成績では、この会社だ。

 この位が丁度良い。

 



こんな感覚は一切捨ててしまいましょう。

スコトーマに隠してください。







未来はあなたが自由に決めることができるものです。





現状の延長線ではない未来をあなた自信が選んで行動を起こす。

これにより理想の未来が必ず手に入ります。





自分自身もコーチングを知り
この時間感覚を体感したことで
全く変わりました。



ちなみに、
自分自身のHPのドメイン名
この時の感動に由来しています。








そして、
クライアントさんにも
お伝えしています。





多くの方はどうしても、
138臆年前から時間は一方向に流れているとの
感覚を持っていますが、


『時間は、未来から過去へ流れています。』


この感覚です。







未来を切り開くために
「未来」への働きかけを意識的にしましょう。






「未来の視点から現在を眺めましょう」

















あなたの夢実現の第一歩は、

「ゴール設定」

ですね。





あなたの夢実現のためには、

あなたが達成したい夢がどんなものであるか
意識に上げる必要があります。





コーチングでは
「ゴール設定」
と呼んでいます。





「ゴール」がなければ
はじまりません。





まず
「ゴール設定」
することから初めましょう。






堅苦しく考えずに
思い描いてください。




あなた自身の
 Want to なこと

そして、
 現状の外 なこと




楽しんで想像してみましょう。






ゴールを設定することにより、
認知的不協和理が発生して
ゴールへ向けての活動が自動的に始まります。






「ゴール設定」は、
あなた自身の人生の選択です。




人生をあなた自身で決められます。






現状の外にゴールを設定し、
それを実現することは、
誰にでも出来ることです。








未来は
いきなり変えることができます。


過去は
いっさい関係ありません。






ゴール設定することで
未来を変えることができます。









ワクワクしてきますね。




















青山龍マスターコーチの

YouTubeライブに参加させて頂きました。




いろいろなバックボーンを
持った 

エフィカシーの高い

認定コーチの話を
 

間近で聞けた自分自身が
一番エネルギーを貰いました。







話を聞き

会話をしている中で

あらたなゴールも浮かんできています。




ますますワクワクしてきました。





あなたも



⇒ LiveCoaching184 コレクティブエフィカシーの場を共有しよう〜認定コーチの紹介




20180502_YouTube-01


99500665-5641-4D5A-9FCA-0D7AB1784112
















先日
親知らずを抜いたところ、

思いのほか
活動のペースが落ちてしまいました。




これも、
良い機会と思いリラックスして
過ごすようにしましたが、


あらためて健康のゴールの大切さを
実感しました。






ゴールを設定するときは、
「現状の外」
に設定しますが、


健康のゴールは、
「維持」することが大切です。




健康がベースとなって、

バランスホイール上の
いろいろなゴールに向かって
活動できます。





「健康のゴール」を設定することは
大切です。






そして、
留意しているのが、

自分自身だけでなく
身近な人も含めての
健康のゴールですね。




〇家族

〇友人

〇パートナー

などなど

身近な人も含めて、

あなた自身が良いな感じられることろから
はじめましょう。











↑このページのトップヘ