苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2018年05月


ご存じのように

ゴールは「現状の外側」
に設定します。





現状には、
ステータスクォ(現状の延長上)
も含まれます。




現状の外側は、

「あなた自身のブリーフシステムを
 思い切り変更しないと起きないこと」

です。




あなた自身を変えないと起きないこと
ですね。








現状の外側であるかの確認方法は、

 ◇設定したゴールの達成方法が分かるか

  ⇒ 達成方法が分かるようなら現状です。


 ◇ゴールに向かっているとドリームキラーが現れるか

  ⇒ 単純に応援されたら現状では無いかと疑ってください。






あなたのゴールを
見直してみましょう。




そして、

たくさん行動していると
目の前にチャンスが現ます。




すかさずゲットです。
















「ビジュアライゼーション」は、
お聞きになったことがあると思います。



「可視化、映像化」をすることで
ゴール達成時の臨場感を得ることですね。






本当に「映画」を造ってしまえば良いと
言われています。






ここでの「ビジュアライゼーション」は、
視覚によるイメージ化のみをさすのではなく、

視覚以外の

 ・聴覚
 ・触覚
 ・味覚
 ・嗅覚 など

五感全部を使うものです。




まさしく、

 「I x V = R」

 「I」はイマジネーション:Imagination
 「V」は鮮明さ:Vividness
 「R」はリアリティ:Reality

です。





「ビジュアライゼーション」を行うことで、
コンフォートゾーンを移行することにより
最高のパフォーマンスが生まれます。




だたし、

ここで留意して頂きたいのは、

あくまで、
あなた自身が見ている映像を
造ることです。





例えば、

スポーツを上手くなりたいのなら、

スポーツを観戦している映像ではなく
自身がスポーツをしている映像を


また、

車が欲しいのであれば、

誰かが運転している映像ではなく
あなたが運転している映像を




あなた自身が
実際に体験している視点です。

















ゴール設定する際には、
「バランスホイール」を
考慮します。




例えば、

 ◇家族

 ◇健康

 ◇老後

 ◇地域

 ◇世界

 ◇仕事

 ◇趣味

 ◇学び

などですね。





クライアントさんと話していた時、

ゴールのカテゴリーとして
「老後」を追加したところ、


思いも掛けないスコトーマが外れた
ということをお聞きしました。






若い方ですので、
ご自身の老後など考えてもいなかった
けれども、


コーチングで、
バランスホイールを学んで
ゴール設定してみたとのことでした。






また、

会社員の方は、
「退職後」のカテゴリーを追加で
考えてみたところ

思いっきり
スコトーマが外れたとのことでした。



現状のこと(仕事)で
手一杯の状態でしたので、
マインドが変わったのですね。







ゴールは
ワクワクすることを
現状の外に
設定すれば良いのですが、

敢えて
カテゴリーから考えて見ることも
お勧めです。





ゴール設定においても
いろいろ試してみましょう。




時間軸が変化して
未来志向になります。





あなたも
カテゴリーをチェックしてみては
いかがでしょう。

























ゴールを意識していると、
ゴールへ向かうための
情報が自然と入ってきます。




先日も
記事を読んでいたところ、

「あれ!?」

というものがありました。





ゴールの一つに必要な情報を見つけた瞬間でした。






さっそくアクションを起こしましたので、
ゴールにぐっと近づきました。










あなたはどんな選択を選択しますか?

どこにロックオンしますか?






「ゴールにロックオン」すれば、
ゴールに関係あることを選択します。







現状にロックオンすれば、
現状を維持するものを選択します。





あえて
現状維持を選択する必要はありません。





ゴールに向かう選択をするためには、
ゴールにロックオンしましょう。





現状維持するものをスコトーマに隠して
ロックアウトしてしまうのです。






過去の繰り返しから脱出するためにも・・・








ここで、
留意してほしいのは、
方法にロックオンではありません。






長年の習い性で
ついつい
方法を考えてしまうケースがあります。








あくまで
ゴールが基準です。




















過去の繰り返しから卒業したいあなたは、

あなたのマインド(脳と心)を
変える必要があります。





そのためには、

「ゴール設定」

ですね。






現状のコンフォートゾーンの外側に
「ゴール」を設定し、
その「ゴール」を臨場感を持って
イメージしましょう。





すると、
RASがオープンして、
ゴールを達成するための情報が
次々に脳に飛び込んできます。





新しい車を買おうと決めたとたんに、
欲しいと思った車の情報が
目に入るようになるのと同じです。






「ゴール設定」することで、
RASがオープンして、
あなたのマインドが変わったからですね。




まず
「ゴール設定」
から始めましょう。




この重要性は
何度再認識しても足りません。















↑このページのトップヘ