苫米地式認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2018年01月


駅を歩いていると
横からぶつかってきた方がいました。



そして、
「どうして私の行く方向を邪魔するんだ」
というように睨まれてしまいました。



お互い動いて、
歩いていますので、  
どちらかが一方的にぶつかった

というわけではないとおもいますが、
相手から見ると
こちらがぶつかったと感じたようでした。




行き先を決めていても、
そこにいたる道は
さまざまです。





ルートを決めていると
このようにする
このように行く

と決めすぎていると
他の人とぶつかるケースもあります。





あなたは、
Only ONE の存在です。



もちらん、
Only ONE のあなたは、
他人との比較はいりません。






あなたがOnly ONE の存在であるように、
他の方もOnly ONE のの存在です。






Only ONE どうしですから、
尊重しあうことができます。
















ゴールを達成するには、
継続することが大切です。




例えば、
 ◇アファメーションを作成して毎日唱える

 ◇ゴールの再設定を定期的に行う

などのことを継続することです。



継続することにより、
あなたのゴールがコンフォートゾーンになります。






しかし、
何もかも継続すれば良い
と言うことでもありません。






先ほどの例のような
 ◇アファメーション
 ◇あにた自身のゴールに合致したもの
などは、
当然継続しますが、



 ◆Want toでなくなったゴール
などは、
継続しては真のゴール達成は出来ません。








 ⇒ Want toであるか?

 ⇒ ゴールに合致しているか?

 ⇒ 現在の外側か?

これらをチェックしましょう。





一つでも当てはまるものは、

他人に仕掛けられた(刷り込まれた)
ものである可能性があることを認識し、

Want toでないなどと感じたら
即刻中止でOKです。





進むことも
立ち止まることも

あなたの自由です。






リラックスして
自分に問いかけてみましょう。





























「現在」が流れて「過去」になる
この流れは感じ易いものです。



時間軸を思いっきり伸ばしてみましょう!




まず、過去に伸ばしてみてください。

 ☆五年前から

 ☆十年前から

 ☆生まれた時から

 ☆七十年前から

 ☆二千年前から

 ☆二千六百年前から

「現在」へ







次に、
「未来」が流れて「現在」になる
これを感じてみましょう。




「現在」から

 ☆五年後へ

 ☆十年後へ

 ☆七十年後へ

 ☆二千年後へ

 ☆二千六百年後へ



その時、あなた自身はいないかもしれませんが、
 
どんな世界になっているでしょうか?
 
どんな世界にしたいですか?





あなたは、
今、何がしたいですか?



限りある生命時間です。

思いっきり有効に使いましょう。
























昨日の人間ドックも
健康のゴールを達成する手段です。





ゴールを設定する場合
「現状の外」
に設定するのが基本ですが、



健康のゴールは、
他のゴールとは違い
「維持していく」
ことが大切です。








健康が、
害された場合だけでなく
体調不良の状態でも
維持できていない状況では

日々のパフォーマンスが低下します。







様々なゴールへ向かうためにも
あなた自身のパフォーマンスを
最高にしておくことが必要です。






もちらん、
マインドの健康が必要ですので、

「脳と心」の健康を
維持することを考慮してください。


























大雪の中、
いつもより早起きをして

真っ白な景色を見ながら
人間ドックに行って来ました。




健康管理も必要です。





胃カメラの検査をしましたが、
カメラの映像が
リアルタイムで見ることができました。





自分自身の内側を
リアルタイムで見るとの経験も
不思議な感じです。





胃の内側を見て
ここで食物が消化の準備をされるのかと思うと

人の体って良く出来ているものだと
あらためて感心しました。




人体の不思議を感じながら、
全身を感じてみました。





そして、
全身リラックスです。







見方を変えると認識が変わりますね。




















↑このページのトップヘ