苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2017年03月


忘れて欲しくないのが、


あなたは、

最善の判断をしている

ということです。



あなたは、

判断している時点の情報に基づき

最善の判断をしています。




判断をした時点ではなく、

今現在の情報を加味して

今時点で判断しても意味がありません。




まして、

存在しない仮定をし、


あの時こうしておけば、

今頃は、、などと


比較しても意味がありません。





別の選択をしたあなたは、

この世界にはいません。




別の選択をした結果、

不幸になっているケースも

あるのですが、


なぜか、

比較する場合は、

より良い、成功した自分を

仮定してしまいます。




大切なので、もう一度




あなたは、

最善の判断をしています。







あなたは、
 
一瞬一瞬判断しています。


 

判断していないと思っていても
何を食べようか?

 
 から

 
抽象度が高いゴールまで


あなたの生活は、
判断の連続です。



 

どのような判断をしたかによって、
あなたの未来が決まります。





判断の基準は、
  「未来のゴールを達成したあなたなら、どうするか?」
です。





現在のあなたの判断基準は、
「現在」のコンフォートゾーンでの
判断ですので、
現状維持にしかなりません。





ポイントは、
  「未来のゴールを達成したあなたなら、どうするか?」
です。





自分自身も、
日々実践しています。




あなたにもお勧めです。













ゴール達成には、
ゴール側の臨場感を上げることが有効です。 




そのためには、


まず、 
あなたの設定したゴールが、
「現状の外側」であるか、
確認しましょう。




ゴールを設定した時には、
現状の外側であったものが、
 
ゴール側に近づいたために、
エネルギーが少なくなっている
可能性があります。





次に、
設定したゴールが、
「want to」であるか
確認してください。



何が出来るかではなく
「何をやりたいか」
で判断しましょう。


 

何が出来るかで判断している場合は、
過去志向になっているので
やりたいかどうかで判断しましょう。





そして、
セルフ・イメージに臨場感を持っているかを
確認してみましょう。


必ずしもゴ ールがリアルである必要はなく、
ゴール側のコンフォートゾーンの中にいる
自分の「セルフ・イメ ージ」がリアルなもの
になっているか確認してください。



行動している自分を見ることにより、
「セルフ・イメ ージ」がリアルになります。




さらに、
何年後にゴールを達成しているとすると、
今、何をしていないとおかしいかというように、
「時間軸」を考えてみましょう。



過去・現在・未来の
どこに思考の基準をおいて
ものごとを考えているか
時間軸を確認しましょう。





あなたも確認してみてください。





リラックスがポイントです。










↑このページのトップヘ