苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2017年02月




今日は、

『苫米地式コーチング認定教育コーチ養成講座』

の卒業講座でした。





言語だけではない
非常に強力なエネルギーを頂き、

エフィカシーが急上昇しています。





子供達だけでなく、
子供達を取り巻く全ての人に

「コーチングを届けたい」

との思いがあふれています。




コーチングを広める活動を
加速します。




新たな出発です。



























青山龍マスターコーチの講座に参加させて頂きました。


コーチングとビジネスを学べる講座です。




学んでいる具体的内容は記載できませんが、

圧倒的に高いエフィカシーを体感できました。




故ルー・タイスと苫米地英人博士から受け継いて頂いている

コーチングを広げていきます。



ワクワクです!





20170211-1







 


コーチングを学んでいるあなたは、


新しいゴールへ向かっている

ことと思います。




ゴールの再設定を

されていると思います。




ゴールの再設定が必要なのは、

現状とゴールのギャップが

エネルギーとなるので、 



ゴールに近づくと

ゴールへ向かうエネルギーが

弱くなるからです。




引っ張られた輪ゴムが

縮むのと同じ原理です。




まだまだ

ゴールに

到達していないと思っていても、


多くの場合、

ごく近くにいます。




ゴールに近づいたなと思ったら、


エネルギーが弱まったら、


すかさずゴールの再設定しましょう。





当初のゴールが

通過点になるイメージです。




勘違いをして欲しくないのが、

当初のゴールをないがしろに

するわけではなく、



気がついたら

経過していたという感覚です。




あなたは、

日々進化していますので、


少し早いかな

と思う位がお勧めです。









いつもいつも、
愚痴を言っている人
他人のせいにする人
あなたの周りにもいると思います。

 

これらの人は、
自ら設定したゴールがないことから
生命維持が主なゴールとなっています。



自ら設定したゴールがあれば、
スコトマの原理で、
ゴール達成に関係のない
余分なことが意識にあがらなくなります。





脳は見たいものしか見ません。

 

あなたの目の前の世界は、
自分の脳が重要だと判断した情報だけで
成り立っています。

 

脳が何を重要だと判断するかというと、
「昨日までの自分が重要だと判断していたもの」
を重要だと判断します。



結果としての目の前の世界は、
「昨日まで」あなたが重要だと 
判断した情報のみで成り立っています。

 

あなたのマインド(脳と心)を変えない限り、
あなたの脳には過去において重要だった情報と、
その延長としての今の瞬間に重要な情報しか
認識されないのです。



あなたのマインドを変えるために、
「ゴール設定」が必要になります。



今の自分のコンフォートゾーンの外側に
「ゴール」を設定し、
その「ゴール」に向かいましょう。



すると、
RASがオープンし、
ゴールを達成するための情報が
次々に脳に飛び込んできます。



子供ができたとたん、
子供を抱いた人が町にあふれるように
目に入るのと同じです。



「ゴール」がなければ、
過去の繰り返しとなります。



まず「ゴール設定」から始めましょう!!



とりあえずのゴールからでいいんです。

 

楽しみながら、行動しましょう。



エフィカシーがあがり、
抽象度が上がり、
次の新しいゴールがてきます。




楽しみながら行うのがポイントです!







自己責任と考えて

選択と行動をしましょう。




例えば、

仕事がうまくいかない場合、

「何ておれはダメなんだ」

「またやってしまった」

と自分を責めるケースと



「会社が悪い」

「上司が無能だ」

と他人を責めるケース

があります。




いずれのケースも、

自己責任と考えて

選択・行動すれば、

起きない反応です。




自己責任と考える人は、

問題解決のため真正面から取り組み、

その時点で最善と思われる手段を

とり続けます。




そして、

ベストの選択を行って得た結果が

ベストの結果ですので、

自分で行った選択の結果は

常に最高の結果となること

を知っています。




自己責任と考えて

選択・行動しないことは、

自分の人生を

他者にゆだねていることと同じです。




あなたが心の底からやりたいことを

自己責任で

行うことがポイントです。





ここで、

勘違いして欲しくないのが、

「自己責任」というと

失敗したとき・上手くいかない時の

責任を指しているようですが、

成功したとき・上手くいった時の

責任はあなたです。




受け取った果実は

すべてあなた自身のものです。




肯定的な意味です。





↑このページのトップヘ