苫米地式認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2017年01月


「ゴールを実現した自分」を

本当の意味でリアルに

想像できてしまうと、

「もう実現したのだからいいや」と


無意識が勝手に判断して、

ゴールに向かわなくなってしまいます。




この 場合、

「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」

をコンフォートゾーンにしましょう。




コンフォートゾーンには

物理的な場所だけでなく、

状況や状態も含みます。




ゴールから逆算して、

現状ではこのようになっているハズだ。



でも、

現実はそうなっていない。



この差にエネルギーがたまります。




現状のコンフォートゾーンと

ゴールのコンフォートゾーンの差異を


脳は課題があると認識して、

その差異を解決するように

エネルギーがでます。




現状とゴールとの差が

エネルギーになります。




ゴールから逆算した現状を

意識すること、

認識すること、

がポイントです。




自分ができるだろう範囲で

自分ができるだろうことから

自分のやりたいことを

選んでいませんか?




自分自身で

自分の可能性を制約していませんか?




あなたも、

映像化(ヴィジュアラゼーション)を

行ってみてください。




「ゴールから逆算した現在のあるべき姿」

をイメージしましょう!  








ゴールを設定しましょう

と話をすると、


多くの方は、

仕事のゴールを設定されます。




仕事は、

やりたくて仕方ない事の内、

対価の発生するものです。



まず、

あなたの現在の仕事を

確認してください。




そもそも、

「have to」 であったら、

ゴールの対象外です。




特に、

会社務めの方は留意が必要です。





会社のゴールと

あなたのゴールの

関係性を確認してください。




あなたのゴールは、

会社のゴールを

包摂できていますか?



あるいは、

会社のゴールが

あなた自身のゴールを

包摂している場合も

あるかもしれません。




あなたのゴールと

会社のゴールが

対立していませんか?




リラックスして

今一度確認してください。



あなた自身のゴールです。










意識を向けるのは、

未来ですが、


現在をみる時は、

時間と空間を

飛び越えてみましょう。




例えば、


腕時計が目の前にあった場合、

誰が造ったのか?


どうやって運ばれてきたのか?


そもそも、腕時計って、誰が発明したのか?


腕時計が発明される前は、どうしていたのか?




いろいろな見方をしてみましょう。





楽しみながら、

やってみてください。




いろいろな発見があります。









ゴールに近づいたら、

ゴールの再設定が必要です。




現状とゴールのギャップが

エネルギーとなるので、 


再設定しないと、

ゴールへ向かうエネルギーが

弱くなるからです。




引っ張られた輪ゴムが縮むと

同じ原理です。




エネルギーが弱くなったと感じたら、

あなたが思っているより

ゴールに近づいている

可能性があります。



まだまだ

ゴールに到達していないな

と思っていても、

思いのほか近くにいます。




エネルギーが弱まったら、

すかさずゴールの再設定しましょう。




ちょうど、

当初のゴールが

通過点になるイメージです。




少し早いかな

と思う程度で丁度良いのです。




あなたは、

日々進化しています。



あなたが

思っているより早く!






力が入っていませんか?
 

体に
 
心に



 

時間と空間を超えて
想像してみましょう。



ボーとしてもいいんです。




未来側に
あなたの意識を
飛ばします。




未来の
あなたに
意識を向けてみましょう。






力んでいるなと感じたら、
あなた自身の
呼吸に意識を向けてみるのも
お勧めです。





リラックスがポイントです。


 
あなたの未来に!
















↑このページのトップヘ