苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2016年10月


「努力」

というのは本当はやりたくないことを、

無理してやることです。



楽しいこと、
 
夢中になってやることを

当然ながら

「努力」とは言いません 。 




「have to」ではなく 

「want to」なことのみをやりましょう。 




「have to」のことをやることを

努力していると言います。




「want to」とは 「やりたい 」こと 、

放っておいても自分から

進んでやってしまうことです 。  



夢中になってやっている場合は、

努力しているのではなく、

やりたいから

「want to」だからやっているのです。 



もちろん、

「want to であるか?」

は、あなたのゴール側から観てどうかです。



一瞬一瞬は、

選択の連続です。



その一つひとつの選択が

「あなたのゴールから観て」

「want to」の選択ですか?



努力はいりません。


「want to」100%の生活はあります。



あなたも「want to」100%へ!







 



「抽象度がなかなか上がりません。」

というあなたへのお勧めてす。




抽象度が上がると対象・範囲が広がっていきます。




例えば、 

「私」よりも「家族」 

「家族」よりも 「地域の人」

「地域の人」よりも「市区町村の人」


そして、

「都道府県の人」

「日本の人」

「アジアの人」

「世界の人」

というように。




対象、範囲が広がるとイメージするのが難しくなります。




そこで、 

「自分の幸せだけでなく 、家族全員の幸せを考えましょう」

から考えてみましょう。




一つだけ抽象度を上げて

考えることから始めればいいのです。





抽象度が高まると臨場感が下がってしまいます。



「宇宙全体の幸せ」をイメージしようとしても、

簡単にはイメ ージしづらいのです 。




自分の幸せは考えやすいのですが 、

いきなり 「世界全体の幸せを詳細にイメ ージしましょう」

と言っても難しいのです。





まず、出来ることから、始めましょう。



身近なことから始めましょう!



その一歩がはじまりです。




あなたのペースでいいんです。










 


今日は、苫米地英人アカデミー2016下期でした。



ワクワクしながら参加させて貰いました。




確信部分を聞いた後、

なぜか一時空白時間があったように思えます。




マインドがオーバーフローしたのかもしれません。





その後は、スッキリ!!


 


エフィカシーが急上昇し


楽しい時間が過ごせました。



またまた、

大切な、貴重な時間と空間を共有できました。





感謝です。














「ゴール」を設定し日々過ごしている中で


自分の設定した「ゴール」に

こだわっている方がいました。 




「ゴール設定」は、


あなたの夢実現の第一歩ですが、


「ゴール」は次々に変えていいんです。 




「ゴ ール」だと思ったことでも 、


実は誰かに仕掛けられたもので ある可能性があります。  




「このゴールは本当に自分のゴールか」


「現状の外側にあるか」


と確認しましょう。



そして 、


疑わしいと思ったら 、


修正・更新していくことが大切です。 




スコトマが外れれば、


当然、違う方法が見えてきます。 



自分のゴールを変える時、


エフィカシ ーを下げる必要は、


まったくありません。 







また、

「want to」 のゴールでも
 

ゴールに近づくと、
 

ゴールに向かうエネルギーが弱くなります。
 

 

この場合は、

積極的にゴールを再設定しましょう。



 

ゴールに到着する前に、
 

というより、
 

ゴールに近づいたら

すぐさま再設定がお勧めです。






一人ひとり違うゴールに向かって、


ゴール達成の方法はそれぞれ違います。 





一人ひとり違っていいんです。

 









来月(11月)開催の「WorldPeaceCoaching2016」に向け

青山龍マスターコーチと一月万冊の清水社長との対談動画を撮影されています。


 ⇒ 青山龍マスターコーチブログ



徹底して実践すること、身近なところから行動することの

大切さが実感できます。


普段はなかなか聞くことの出来ない実話を基にした対談が聞けます。


是非、ご覧ください。






↑このページのトップヘ