苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

2016年09月


「現状の外側にゴールを設定して、

 日々、アファメーションをしているけれど、

 ゴール側の臨場感が上がりません。」

 
とのお問い合わせがありましたので、

次のようにお答えしました。


(もちろん、回答の一部です。
   一人ひとり状況が違いますので)




まず、

ゴールが現状の外側であるか確認してください。

 
ゴールを設定した時には、

現状の外側であったものが、

ゴール側に近づいたために、

エネルギーが少なくなっている可能性があります。






次に、
 
セルフイメージの臨場感を確認してみましょう。
 
 
必ずしもゴ ールがリアルである必要はなく、

ゴール側のコンフォートゾーンの中にいる

自分のセルフ・イメ ージがリアルなもの

になっているか確認してください。






さらに、
 
何年後にゴールを達成しているとすると、
 
今、何をしていないとおかしいかというように、

時間軸を考えてみましょう。





過去・現在・未来の

どこに思考の基準をおいてものごとを考えているか

時間軸を確認しましょう。
 


もちろん、
 
何が出来るかではなく
 
何をやりたいかで判断しましょう!
 



何が出来るかで判断している場合は、

過去志向になっているので

やりたいかで判断しましょう!






あなたも確認してみてください。
















 


ゴールを設定する際には、 

ゴールは思いっきり大きく設定しましょう!!



現状とゴ ールとの差が

夢をかなえるためのエネルギーになります。



ゴムひもを伸ばしたときのように、

差があればあるほど、

強いエネルギーが生まれます。




ただし、

そのゴールが本当に自分か叶えたいものか

確認する必要があります。



誰かに仕掛けられたものだったたりしたら、

大きくすればするほど奴隷になってしまいます。




自分だけでなく、

なるべきたくさん人のことを考えてみましょう。




自分だけ、

家族、

地域、

日本、

アジア、

世界

と広げてみましょう。






「設定したゴールが達成されたら、ワクワクするか?」

 

「止められてもやりたいか?」

 

「現状の延長線上にないか?」




 
 

リラックスして自分に聞いてみましょう!







自分に対しての問いがポイントです!















 


あなたが、

やりたいことは、何でしょうか?




今一度、確認してみましょう。





心の底から湧き出す

やりたいと思うエネルギー

を確認してみましょう!




やりたいというエネルギー

「want toのエネルギー」

に従ってみてください。






「自分は本当は何がやりたいのだろう?」


「残された生命時間でやりたいことはなんだろう?」


自分自身が常日頃から意識していることです。




あなたも確認してみてください。





あなたの未来が開かれます。












人は、

見ている方向に進みます。




自転車に乗っている時と同じように、

見ている方向に向かって行きます。
 


見ている方向が、「ゴール」ですので、

「ゴール設定」が重要になります。



「ゴール」がなければ、

向かうところが無くなってしまいます。



生命維持のみになってしまいます。






人は映像で思考しています。



そして、その思考に基づいて、

「ゴール」に向かって進んで行きます。




思い浮かべた映像に

引き寄せられるように

向かって行くのです。




映像を伴ったゴールに向かって行きます。





あなたの「ゴール」はどこですか?













一人ひとりは違って当然です。

違いがあるのが、

当たり前です。



一人ひとりのリアリティは、

その人の認識している状態ですから、

違って当然です。



たとえ、

同じ景色を眺めていても、

それぞれの重要と判断することは、

異なります。



ここでの判断は、

意識的に判断することだけでなく、

無意識に判断することも含みます。




違っていて良いんです。











↑このページのトップヘ