「緊張感を持って仕事をしましょう。」

最近、知り合いのところで聞いた言葉です。

緊張していないと良い仕事ができないのでしょうか?

コーチングの際には、必ずリラックスしましょうと伝えています。
自分自信もリラックスしていないと、 良いコーチングは出来ないように感じています。

まず、体の緊張をとり、次にというか同時に心もリラックスするようにしています。



緊張感を持って仕事をする事とリラックスすること、どのように違うのでしょうか?

緊張感を持っていないと、どのようになると考えられるのでしょうか?
リラックスするのではなく、ダラケテしまう、注意散漫になってしまうと
考えられるようです。


リラックスした方が集中力も上がり、いろいろな方面に気がつき、よりよい仕事ができると
思うのですが、この違いは、どこから来るのでしょうか?



ず〜とこの違和感が引っ掛かっていました。


やっと、気づきました。


その仕事が好きかどうか。Wnat to で行っているか。
あるいは、いやいや、Have to で行っているかの違いだと。


Have to でやっていることは、緊張がなければダラケテしまいます。

Want to でやっていることは、リラックスしたから注意散漫になってしまうことはなく、
リラックスした方がかえって集中力が上がるのです。



気づいてみれば、な〜んだという事でした。


リラックスして、Want to なことをすれば、何でもできます。