苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

 
want to なゴールへ向かうためには、

まずは、
抽象度を上げて、
全ての行動を自分自身で
コントロ ールすると
決めることからでしたね。


ここで
留意して頂きたいことがあります。


抽象度は
どこまでも上げられますが、
物理空間でゴールへ向けた行動を
実践するには、
必要に応じて抽象度を下げる
必要があるということです。


必要があると言うだけでなく
物事を行うためには
是非とも理解して
頂きたいことです。


抽象度を下げることで
エネルギーが発生するからですね。


抽象度を

 ◯上げること

 ◯下げること

このどちらもが自由に出来ることで
ゴールへ確実に向かいます。












 
Want to なことを
実施していますか?


Want to 100% は、
行動すべてが
呼吸をするように自然に
行っていることですね。


「自分がやりたいかどうか」ではなく、
「やれるかどうか」で判断していませんか?


無意識に判断してるケースも多々あります。


抽象度を上げて、
全ての行動を自分自身で
コントロ ールしてみましょう。


まずは、
コントロールしてみるいうより、
コントロールすると決めましょう。


抽象度を徹底的に高めたうえで、
自分の本当にやりたいことを
自由に追求すると決める。


過去に縛られた現在ではなく、
自分自身で未来を選んで良いんです。


自分自身が決めて良いんだと考えたら、
ワクワクしてきませんか?


そのワクワク感を大切にしてください。













 
コーチングを学んでいると
ふと感じる時があります。


「このままで良いかな?」

このように感じたら、
自分自身で将来を創っていく
絶好のタイミングです。


ご自身で
未来は変えることができます。


あなたの学んでいる
コーチングで、
未来を創造できます。


想像することから
創造へ。


まずは、
ゴール設定からですね。


もちろん、
「現状の外側へ」
の設定です。


そして、
ゴールの臨場感を高めるに、
「未来の記憶」
を造りましょう。


「未来の記憶」は、
ゴ ールを達成した未来のイメ ージを
あたかも既に達成しているかのように
頭の中で描いてみることですね。


ゴ ールそのものは
抽象度が高く
臨場感が出しにくいものですが、
達成している自分の姿は、
臨場感が出しやすくなります。


アファメーションを作成する時の
ポイントが参考になります。


ご自身の
主演映画を造るように、
イメージしてみましょう。


ご自身が
日々の生活の中で
どの様な活動をしているか
イメージしてみてください。


一日に何回も
ゴール達成のイメージを
思い出すことにより、
ゴール側の臨場感が一層高まります。


自分自身も
毎日実践しています。


そして、 
そのパワーを実感しています。


あなたも。











↑このページのトップヘ