苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

  

「あの方が良かったかな?」 
などと
ネガティブなセルフトークが
出てしまう場合には、
要注意です。



確認して頂きたいのは、
違う選択をしたあなたは存在しない
ということです。



そもそも
過去は2度とやってきません。



自分の持っているものに目がいかず
持っていないものに目がいってしまう
所謂
隣の芝生は青い状態ですね。




このような方にお勧めは、
「ラベリング」
を実践することです。


ラベリングのやり方は、
実にシンプルなものです。



あなたが考えたこと・行動したことに
ラベルを貼るというものです。



◇ゴールに関係のあるものであれば、

 ⇒ 「T」(True=真)



◇ゴールに関係のないものであれば、

 ⇒ 「N」(Nil)
 ※これはプログラミング言語LISPで、
  値がないという意味です。



◇余計な雑念や今の感情が出てきたら、

 ⇒ 「D」(Delusion=雑念)」

 ※あの方が良かったなども含まれます。



この「ラベリング」の
素晴らしいところは、
どの分類にラベリングしたのかは
関係ないというところです。


ラベリングすること自体に
意味があるのです。



起きたことに対して、
ゴール側から評価することになりますので、
抽象度を高くすることが出来ます。



◯何か方法があるはずだ。


◯で、次はどうする?


とセルフトークをして
進んでいけば良いのです。




あなたのゴールへ向かって。














  
「老後」のゴールを
考えたところ、

思いも掛けないスコトーマが外れた
と話を伺いました。


サラリーマンの方
いわゆる会社人間です。



年末年始に田舎に帰り
両親に会ったら
思いの外
年老いていたので
実感が湧いた
とのことでした。



現状のこと(仕事)で
手一杯の状態でしたので、
マインドが変わったのですね。




ゴールのカテゴリーは

例えば、


◇仕事


◇キャリア


◇お金


◇健康


◇家族


◇メンタルヘルス


◇社会貢献


◇人間関係


◇趣味


◇芸術・音楽


◇生涯学習


◇退職後


◇老後



などですね。



ゴール設定の基本は、

◯ワクワクすることを

◯現状の外に


設定すれば良いのですが、

敢えて
カテゴリーから考えて見ることも
お勧めです。



どんなカテゴリーでもOKです。



いろいろ試してみましょう。


スコトーマが外れます。






  
今年初めに設定した
あなたのゴールは?



最初に浮かんだゴールは
何でしょうか?


   ・

   ・

   ・

   ・


まっ先に
「仕事」のゴールが浮かんだ
あなた、
要注意です。




あなたのゴールは、
ご自身が生きていくため
のものですので、

もちろん、
仕事のゴールがあって当然です。



しかし、
仕事だけではありません。




「どうやって生きていくか」
という言葉を

「どんな仕事をして生計を立てるか」
という意味で考えていませんか?



その仕事は、
やりたくてしかたないこと、
止められても行うこと、
でしょうか?



今一度、
あなたの内なる声に
耳を傾けてください。



リラックスできる場所を
確保しましょう。



毎日、
あなただけの時間を
作りましょう。




あなた自身のゴールです。









↑このページのトップヘ