苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

空0006_watermark

苫米地英人博士と青山龍マスターコーチが

元祖コーチのルータイスについて対談を行いました。


今後我々がコーチングを学ぶ上で知っておくべき貴重な内容です。

ぜひ、ご覧ください。



 
▼「苫米地英人博士×青山龍コーチング対談動画~元祖コーチのルータイスについて」▼
  →https://t.co/AEHliMQfZQ

 

私たちコーチも想いを新たにコーチングを広げていきます!





 

「ゴール」は「未来」に設定します。




「現状」では、ありません。



「現状」には、「ステータスコウ」も含みます。



「ステータスコウ」は、現状の延長線上にある「理想的な現状」がですが、

これは、現状の延長戦であり「未来」ではありません。






それでは、なぜステータスコウではない、

「未来」にゴールを設定するのでしょうか?




「現状」および理想的な現状である「ステータスコウ」は、

自分以外の第三者からの刷り込みにより出来ているからです。



小さい頃からの刷り込み、主には両親・学校の先生から
刷り込まれているケースが多いと思います。




あなたが、自ら自主的に選択したものではありません!







ですから、自分自身で選択した「未来」に、

「ゴール」を設定するのです。





あなたなら出来ます!



 

そろそろ来年度の計画を立てる季節でしょう。


あなたの会社では、
中長期計画、年度計画、半期計画を
立てると聞きました。

 
良くある会社の計画は、過去の延長が主なものです。
 
過去の延長に+アルファを加えて、目玉のトピックスを加えるのが、
一般的であるようですね。




コーチングを学んでいるあなたは、
+アルファを加える際に
現状の外側のゴールを設定してください。





会社の計画を立てるのに合わせて、
ちょうど良い機会ですから、
あなたのゴールを眺めて見ましょう。



 
「現状の中」になってしまっている
ゴールはありませんか?



 
日々、変革しているあなたは、当初
「現状の外」であったゴールが、
「現状の中」になっているかもしれません。


 

ゴールが近づいたら、必ず「再設定」しましょう。


 
ゴールへ向かうエネルギーが復活します。


 

↑このページのトップヘ