苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

勉強会に行ってきました。



気のおけない仲間と話をするだけで、

自分のエフィカシーがあがります。



SNS全盛の今ですが、
Face to Face の話も良いものです。



会話の中で、ほんの少し話をするだけでも

自分の頭の中が整理されます。


新しい閃きがあります。


もちろん無意識の働きも!
 

いろいろな訓練がありました。

避難訓練

災害対策訓練


巨大地震が発生した際に建物から逃げる訓練

システムが停止した際の対応訓練


いづれも、事前にシナリオを決めておいて
各自が動いてみるものでした。

シナリオがあるので、
各自が役割を持って参加します。


しかし、まったくのシナリオ通りでなく
参加者には伝えないで
シナリオにない事象も発生しました。

特にこのようにシナリオ通りでない場合、
ひとりひとりの個性がでます。

優先すべきことをすぐ判断して
指示をだすひと。

あるいは、当初のシナリオに囚われ
適切な行動ができないひと。

いろいろな人がいます。


いろいろな人がいる中で
皆の動きを引っ張って行く人がいます。

良い方向性を示し
結果的に皆を引っ張って行く人です。


訓練であっても、
リーダーの言動・行動が重要になります。


まずは、身の周りのリーダーになりましょう。

自ら考え・行動する。


それが未来のあなたの第一歩です。




 

電車の中で歌を歌っている人がいました。

何となく悲しそうな歌でした。


単なる変な人、なのかもしれません。
周りの人は、気づいていても、
その方向を見ないようにしています。


悲しいことがあったのでしょう。
思わず、口を吐いて出でしまったのでしょう。



でも、気持ちは伝わって来ました。
伝わってしまいます。


そして自由です。


何かをきっかけに、自分を見直す時があります。

きっかけは何でも良いので、いろいろ感じてみましょう。

 

↑このページのトップヘ