苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

自分の行動を「ゴール側」から判断する場合、
ゴール自体の「抽象度」の高さの確認をしましょう!




「抽象度」は、情報場での視点の高さを意味します。

抽象度が上がるほど、情報量は減っていきます。



例えば、

「犬の太郎」と「犬の花子」の上位は、「犬」
「犬」と「ねこ」の上位は、「哺乳類」
「哺乳類」と「魚類」の上位は、「生物」

と言うようになります。









ゴールを設定したときに「抽象度」を確認する場合の
目安は、

◆どれだけの人の約に立つか。

◆どれだけ多くの人を対象としているか。


ということを考えて見ましょう。




抽象度の一番低いゴールは、自分一人だけ

  ↓ 

次が、自分の家族だけ

  ↓ 

そして、


生活地域全体
 
  ↓ 
 
日本国:1.2億人

  ↓ 

アジア:44億人

  ↓ 

全世界:72億人



「抽象度」を思いっきり上げて「ゴール設定」してみましょう!



「現状の外」に飛び出せます。









 

何かを迷ったとき、行動しようとして迷ったとき、
「ゴール側」から判断しましょう。




 
あなた自身のゴール側から見て、その行動は必要か?
 
「ゴールを達成した自分」なら、どのように行動するか?


を考えてみましょう。




昨日の
「まだ、この会社でやりたいことがあるから」
と仰っていました方にも確認して貰いました。





自分のゴールに合致すること、

自分のゴールと抽象度の高い部分で包摂できること、

であるならば、


自身を持って行動しましょう!



 
 

人事異動があったと伺いました。

会社員の方です。

 

その方の会社では人事異動の時期が決まっており
異動の季節ではないので、
何かあったのかと心配しました。


体調不良?
トラブル?
派閥争い?





業務上の必要から、請われての異動とのことで
安心しました。




「まだ、この会社でやりたいことがあるから」
と仰っていました。



 

あなたの「ゴール」に合致している限り
どこでも大丈夫です!




楽しんでいきましょう!!

 

↑このページのトップヘ