苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。


Sunset0000-1



初めてのことを行うとき、

ドキドキ、ワクワク

します。




その感覚を大切にしましょう。


 

体感しているだけで、良いんです。


 

あったかい感情に嬉しく感じています。





今日も良い日でした。




今日の記録を残しておきたくて

思わす書きました。


 

二人のゴールを包摂するということは、
あなた自身のゴールも含まれるということです。




もちろん、全世界72億人の中には、自分自身を含めてです。
 

 

自分自身を忘れてしまっていませんか?





自己犠牲的なあなたは!





抽象度を上げることができれは、
抽象度の低いところから高いところまで、
全抽象度で見ることができます。


 

一人一人を大切にすることが基本です。
 
 
全世界を対象としていても、
一人一人が基本です。




一人一人の集まりが、全世界です。




違って良いんです。

違う一人一人が集まって世界です。

 

誰でも一人一人異なるゴールを持っています。

人の数だけゴールがあります。 


隣にいるあの人も、もちろんゴールを持っています。

そのお隣のあの人も、もちろん!

地球の反対側のあの人も、もちろんゴールを持っています。




隣の人とゴールが違っている場合は、どうしたら良いのでしょうか?




よくあることは、二人のゴールを足して2で割るものです。



喧嘩両成敗とでも言いましょうか。


お互い不満が残った状態となってしまいますが、
度々あることです。





ここで提案です。



二人のゴールが、一見違っているように見えますが、
両方を包摂するゴールを設定できないか考えて見ましょう。



必ずあります。
見つかります。





「犬」と「ねこ」の上位は、「哺乳類」です。 

「哺乳類」全体のゴールを考えて見ましょう。





先日も

「個人のゴール」と「組織のゴール」の違いで
悩んでいる方がいました。




もちろん、

「個人のゴール」の「抽象度」を上げて、
「組織のゴール」を包摂できないか、考えてもらいました。


 

「組織」も「個人」の集まりです。


独自のゴールを持っているとしても
「個人のゴール」の「抽象度」を上げることで
ゴールを両立させることができました。





あなたにも出来ます。
大丈夫です!






 

↑このページのトップヘ