苫米地式認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。


ゴール設定をしたならば、

毎日、いや毎時間、いやいやその時々で、自分の行動を見直してください。


行おうとしている事が、自分のゴールに合っているのか?


迷った際の判断基準は、その判断・行動が自分のゴールに合致しているかです。


常に、自分のゴールを常に意識し・考える、それも無意識にできれば最高です。


自分の意識に上げること自体が重要です。
意識に上げる事により、自分自身の考えであるかどうか、見直しができます。

判断基準がはっきりすれば、迷いも消えます。


さらに、よりよく回りが見えてきます。

すると、よりよい判断が出来るようになり、好循環となります。

あなたは、あなたの背中がみえますか?

一年ぶりに行った海で、真っ赤に日焼けした自分の背中。

自分では、直接見ることは出来ないけれど、感じることができる背中。


頭のなかで、意識している背中。


あなたの目の前を歩いている背中。
何を思い・何を考えているのか。


なぜ、その背中は、そこに居るのでしょうか?
特別な意味があるのかもしれません。



ひとりひとりが、自分自身の空間を持っています。



それぞれの人の関係が結ばれています。
 

現状とは、現時点のこの一瞬だけでなく、そのまま同じ状況が続いた場合の未来も含まれます。

時間は、一般的に、過去から未来へと流れていると受けとられています。
過去・現在・未来の順で時間が進んでいるとの感覚です。

この感覚は、原因と結果の法則と言われている考えとも合致しますが、人を過去に縛り付けるものとなります。

過去があるから現在と未来がある。現在があるから未来がある。

この感覚では、現在と未来は過去の結果となります。

そして、この感覚・考えを進めていくと、もう起きてしまった過去が未来を決定してしまい、人を過去に縛り付けるものとなってしまいます。


それぞれの方のゴールを実現するため、未来に働きかけることが大切です。

それぞれの方が生きている時間をいかにして充実したものにするのか、それが非常に重要なことなのです。

未来に働きかけることが、各自が生きている時間を充実することにもつながります。


例えば、通勤電車で、隣に立っていた人の前が空き、その人が座れた場合、
大概のサラリーマンの方は、「残念、座れなかった」と思うのではないでしょうか。

しかし、その座席が濡れていたことが分かったら、「良かった座れなくて」と思うでしょう。


また、挫折を経験した人は、「あの挫折があったから、今の成功がある」との話を良く聞きます。
挫折したその時点では苦しくとも、その後の成功による、その挫折の評価がかわってくるのです。


これらのように、過去の評価は、未来の出来事で変わってくるのです。


そうであれば、私たちは、あくまで未来に積極的に働きかけることで、自分のゴールを達成しましょう。


「未来から流れてくる時間が、現在から過去へ流れ去っていく」この感覚が大切なのです。

 

↑このページのトップヘ