苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

  
誰もが
能力のほんの数パーセントしか
活用していません。



残りの90パーセント以上は、
利用していないのです。



最近の脳科学の研究です。



今までのあなたは、
この数パーセントの能力で
生きてきました。



あなたには、
まだまだ
眠った能力があります。



ご自身の
90パーセント以上
が利用可能ということですね。



数パーセントの能力で
今までの人生を生きたあなたが、

活用されていない
90パーセント以上の
能力を使い始めたら、
どんなことができるでしょうか?

想像してみてください。



   ・



   ・



  ・



  ・



  ・


これが
過去は関係ないという根拠です。



まだまだ活用されていない
能力を利用して、
ご自身の未来を
切り開くことができます。



あなたの眠った脳力開発には、
マインド(脳と心)の使い方を
学ぶことが有効です。
















  
誰にも
スコトーマがあるので、
見たいものしか見えません。



ゴールを達成していくには、
スコトーマを外す
必要がありますね。



そして、
スコトーマを外すには、
情報の量が必要です。



それも
圧倒的に大量の
情報が必要です。



「スコトーマが外れません」
と言うあなた、
情報の絶対量が
不足しているケースが
多くあります。



情報の絶対量を
増やすためには
さまざまな
学びが必要ですね。



ここで
注意して頂きたいのが
学ぶ際の心構えです。



学ぶ時は
理解するために
ご自身の過去の記憶
と照合します。



学びの中で、
あたなの中に、
「同じだ」
とセルフトークが出たら
要注意です。



あなたが
「同じだ」
と思った瞬間にあなたの脳は、
過去の記憶と
同じものと判断します。



そして
それ以上の学びを
止めてしまいます。



「同じだ」
とセルフトークが出たら
イエロー信号です。



自分自身も
常々チェックしている
大事なポイントです。



ご自身が心から望んでいる
ゴールなら、
おのずと学びは深くなります。



楽しみながら、
実践しましょう。



あなたの未来に向って。













  
あれが食べたい。

これが欲しい。

「これらの煩悩は、良くないものだ」

とあなたは、
思っていませんか?



煩悩は
思いっきり
大きくしてしまいましょう。



一番小さな煩悩は

 ◇自分だけ

自分がやりたいことだけを
考える場合です。




次が
自分だけでなく

 ◇家族も

のことも考える場合です。




さらに

 ◇地域も



 ◇日本も



 ◇アジアも



 ◇世界も



そして

 ◇宇宙も

と広げてみましょう。




自分自身は
このことが
体感として納得きた後、
スコトーマが外れ
新たなゴールが設定出来ました。




ただし
「あなた」が
入っていることに
問題はありません。



入っていて良いんです。



あなたも
どんな「ゴール」も
設定できます。



あなた自身が設定した
「ゴール」
に邁進しましょう。



















↑このページのトップヘ