苫米地式コーチング認定コーチ木村喜典ブログ

苫米地英人博士からコーチングを学び、青山龍マスターコーチからコーチングの実践を学んでいます。 あなたのゴール達成に向けて強力にサポートします。

  
人はスコトーマがあるので、
見たいものしか見えません。



スコトーマを外すための第一歩は、
大量の情報を獲得し
現状をありのままに認識することが
必要です。



分からないことがある場合、
情報の絶対量が
不足しているケースが
多くあります。



情報の量を増やす時に
注意していただきたいのは、
学ぶ際の心構えです。



学ぶ時は、
理解するためにあなたの過去の記憶
と照合します。



学びの中で、
「同じだ」
とセルフトークが出たら要注意です。



あなたが
「同じだ」
と思った瞬間に
あなたの脳は、
過去の記憶と同じものと判断して
それ以上の学びを止めてしまいます。



「同じだ」
とセルフトークが出たら
イエローカードです。



自分自身も
常々留意している
非常に大事なポイントです。



あなた自身が心から望んでいる
ゴールなら、
おのずと学びは深くなります。



楽しみながら
実践しましょう。




あなたのゴールに向って。 









 
ひとは
自分が重要だと思ったものしか
認識出来ません。


重要だと思わないものは、
スコトーマに隠れてしまうからですね。



日常の出来事のみに埋もれていると、
生活は過去の繰り返しだけ
となってしまいます。



たとえ、
あなたの生活が
過去の繰り返しだとしても、
あなたの周りの環境は
変化していきます。



そして、
全てのひとに変化が訪れます。



変化の中では
深く学んでいくことが
ますます重要になっています。




常日頃の面白そうなこと、
ワクワクするものはなんだろうか
という感性を大切にしましょう。



ワクワク感を持ち続けることで
受け取る側が成長し
受け取れる情報が増えます。


あなたの成長に伴い
理解も深まります。


同じ情報を受けても
受け取れる情報が増えるのです。


必然的に
あなたのアンテナは
高くなります。



そして、
あなたの学びは
ますます深化します。














  
今日から
新年度のはじまりです。


外部環境で新たな事態が
日々発生していますね。



こんな時こそ
ご自身が望む未来を選択してください。



そのためには、
現状の外側に
ゴ ールを設定しましょう。


ゴール設定が第一歩です。



ゴールを設定しなければ、
現状の延長線上とは違うゴールに
到達することはありません。 



昨日と同じ毎日が
繰り返されるのみです。



次に、
設定したゴ ールの
臨場感を高めます。 


現状の臨場感以上に
高める必要があります。 



ひとはゲシュタルトを
一度に一つしか保持できないので、
現在の状態の臨場感と
未来のゴールの臨場感が綱引きをして
臨場感が高いものが現実となります。



ゴールの臨場感を高めるには、
ゴ ールを達成した未来のイメ ージを
あたかもすでに達成しているかのように
頭の中で描いてみることです。 



ゴールそのものは
抽象度が高くて
臨場感が出しにくいとしても、

達成している自分の姿は
臨場感も出しやすくなります。 


◇どんな場所で

◇誰と

◇どの様に

◇何をしているのか

具体的にイメージします。

映画を造るように
イメージしてみましょう。



一日に何回もゴール達成している
イメージを思い出すことにより、
ゴール達成の臨場感が一層高まります。 



自分自身も毎日実践して、
そのパワーを実感しています。


もちろん、
あなたにもできます。 









↑このページのトップヘ